本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

  
MENU
 
トップ> 診療メニュー> 歯周病治療> 歯周病治療の流れ

診療メニュー 歯周病治療 歯周病治療の流れ ― Periodontal Disease Treatment Flow ―

オーラルプロポーションクリニック Oral Proportion Clinicの診療メニューを紹介します。

  • 歯周病治療 一覧へ Periodontal Disease Treatment List
  • 歯周病治療とは? Periodontal Disease Treatment
  • 歯ぐきの治療 Treatment of Gums
  • 歯周外科治療 Periodontal Surgery
  • 歯周病治療薬・うがい薬 Periodontal Disease Prevention
  • 歯周病治療の流れ Periodontal Disease Treatment Flow

歯周病治療の流れ? What's Periodontal Disease Treatment Flow?

歯周病治療の流れ

初診時 初診料 ¥3,000(税込¥3,240)約30分 ※初診料には診査・診断料、基本歯周検査料など以下の検査料が含まれます。※初診時に検査を受けている方は費用はかかりません。
基本検査/口腔内写真 歯ぐき状態を確認するためお口の中の写真を撮ります。/レントゲン撮影(パントモ)&CT撮影 歯の周りの骨がどれだけ残っているかレントゲンで確認します。/歯周ポケットの検査 歯周炎の進行度を確認するため、歯周ポケットの検査を行います。位相差顕微鏡で歯の状態を実際に目で確認します。
検査結果ご説明 着色や歯石除去に必要な回数、一回あたりの時間、料金のご説明をします。
4mm以上のポケットが25%以下/軽度歯周病4mm以上のポケットが25%以上、7mm以上のポケットが10%以上、麻酔の必要がある場合/中度歯周病

軽度歯周病の場合

クリーニング&ご説明 所要時間:30約        分 \5,000(税込 \5,400)縁上の歯石、着色の除去、ホームケアについてのご説明。
縁上の歯石、プラークの除去 歯肉の中(目で見えない所)にある歯石、プラークを1本1本丁寧にエアスケーラーや超音波スケーラーを用いて取っていきます。/縁上、縁下の治療回数はそれぞれ1~6回です。(歯石や着色の付着の程度により回数は変わります。)1回あたりの時間は30分~120分です。麻酔が必要な場合があります。
2回目の治療
再検査 全ての部位が終了後、2~4週間後に歯ぐきの状態の変化を診るために再度基本検査+精密検査を行います。
症状が改善された場合症状が改善されない場合 再度歯ぐきの治療へ
1~4ヶ月毎の定期メンテナンスへ
メンテナンス時の検査 \ 3,000(税込 \3,240)レントゲン撮影(パントモ)&CT/歯周ポケットの検査/位相差顕微鏡

中度歯周病の場合

精密細菌検査 3菌種 \15,000(税込 \16,200) 5菌種 \18,000(税込 \19,440) 歯周病の原因菌は多数存在します。菌種ごとの数を把握することにより適切な治療が出来ます。
1週間後 2回目の治療
精密歯周病検査結果の説明 歯周炎の進行度によって必要な回数や1回あたりの時間・料金のご説明をします。歯科衛生士が歯垢除去を行い、歯科医師が咬み合わせの調整などを行います。
歯科衛生士 縁上の歯石・着色の除去・ホームケアについてのご説明 縁上の歯石プラークの除去歯科医師 歯周初期治療(咬み合わせ調整 歯の固定 かぶせ物の治療 歯周矯正 抜歯)
2~4週間後 3回目の治療
再検査 全ての部位が終了後、2~4週間後に歯ぐきの状態の変化を診るために再度基本検査+精密検査を行います。
症状が改善された場合症状が改善されない場合 歯周外科治療(フラップ手術) 再度歯ぐきの治療へ
1~3ヶ月毎の定期メンテナンスへ
  • 歯周病治療 一覧へ Periodontal Disease Treatment List
  • 歯周病治療とは? Periodontal Disease Treatment
  • 歯ぐきの治療 Treatment of Gums
  • 歯周外科治療 Periodontal Surgery
  • 歯周病治療薬・うがい薬 Periodontal Disease Prevention
  • 歯周病治療の流れ Periodontal Disease Treatment Flow
↑