CT

Computer Tomography

CTとは?

CTとは、コンピューター断層撮影(computer tomograghy)の略で、
X線とコンピューターによって、歯や骨の位置や形態などを
3D画像で立体的に把握することができる装置です。

血管や神経の位置を立体的に把握し、
骨量、骨密度を正確に確認できるため、
インプラント手術には必須の医療機器となっています。

一般的な医院では、CTを外部のスキャニングセンターへ
撮影に出向く必要がありますが、

当院では医院内にCTを設置していますので、
その場で撮影し、すぐに診ることができます。

computer tomography

インプラントの術前検査の必要性で普及しはじめた歯科用CTですが、インプラント手術だけでなく、歯周病による歯槽骨欠損状況の把握や骨再生治療の経過観察、根管治療時の根管形態の把握、根尖病巣や埋伏歯の診断など、全ての歯科治療に応用することができます。

CTを使用することで、正確な診査・診断による治療の高度化、治療期間の短縮などが期待できます。