精密義歯 BPSデンチャーとは?

精密義歯 BPSデンチャーとは?

BPSとは、Biofunctional Prosthetic System(生体機能的補綴システム)の略で、イボクラールビバデント社が開発した、「よく噛める」「痛くない」「外れない」「美しい」を実現する高品質な入れ歯製作システムです。

通常の入れ歯製作では形態の原型となる口の中の型取りを行うとき、上の顎、下の顎を片方ずつ行いますが、この方法では本来弾力と動きがある口腔内の形態を型に反映させることが難しく、入れ歯の品質は型取りを行う歯科医師の技術と感覚に依存してしまいます。
BPSデンチャーは、お口を閉じた状態で上下顎の型取りを1度に行うことで、患者さまのお口の動きを反映した精密な型取りを短時間で行うことができます。

BPSデンチャー特徴

ポイント1

システムとしての特徴

BPSデンチャーシステムは、製作工程が綿密にシステム化された入れ歯製作法です。
製作手順がシステム化されていることで歯科医師と歯科技工士のコミュニケーション・情報共有が効率的で正確に行うことができ、患者さまのご希望を詳細に反映することができます。
Ivoclar Vivadent社によるトレーニングと試験を経て、一定水準を満たした歯科医師、歯科技工士のみ、BPS公認歯科医師、BPS公認歯科技工士としてBPSデンチャーを作製することができます。

ポイント2

型取りの特徴

総入れ歯を製作する際、もっとも重要な工程は型取りです。
お口の中の数多くの情報を、精密に型に反映させることで吸い付くようにフィットする精密な入れ歯を製作することができます。
BPSデンチャーでは、上下顎を1度で同時に型取りすることによって、患者さまのお口の中の形態を正確に型に反映させます。

  • ポイント1

    歯科医師の手による圧力ではなく、患者さま自身のお口の動きで自然な圧力をかけることができるため、お口の中の形態を正確に型取りすることができます。

  • ポイント2

    お口の中を立体的にコピーすることができ、筋肉、唇、舌も型に反映させることができます。

  • ポイント2

    つばを飲み込むなどの動きも反映した型取りが可能で、日常生活の動きでも外れない入れ歯を作製することができます。

ポイント3

歯肉部分の素材 イボカップ(加熱加圧精密重合レジン)

当院OPCの精密義歯に使用するベース材(入れ歯の歯肉部分の材料)はイボカップ(加熱加圧精密重合レジン)と言います。
通常の入れ歯に使用する製法では、重合※する際に若干の変形が伴い、固まった入れ歯の中には数多くの細かい気泡が入ってしまいます。
イボカップでは常に6気圧(3t)で加熱加圧填入することで、温度による変形が非常に少なく、高密度で気泡が入らないため、気泡が原因の臭いや変色を防ぐことができます。
さらに、強度も非常に高いため、床の厚みが非常に薄い入れ歯を作製することが可能です。
※重合とは、ロウで歯肉の形を作っていた部分を最終的な固いレジンに置き換えるための作業を意味します。