義歯・入れ歯治療の流れとは?

義歯・入れ歯治療の流れとは?
義歯・入れ歯治療の流れ
義歯・入れ歯治療の流れ1

カウンセリング基本検査

カウンセリング&基本検査

問診票をもとに歯科医師がカウンセリングを行います。 患者さまの症状やご要望をしっかりとお伺いし、サンプル模型や写真をご覧いただきながら、入れ歯にはどういったタイプがあるのか、どういった治療が必要になるのかをご説明します。

基本検査

患者さまのご希望と必要に応じて、治療計画を立てるための資料集め(レントゲン撮影、お口の中の型取り、歯周病の検査など)を行っていきます。

義歯・入れ歯治療の流れ2

治療計画お見積もり

治療計画&お見積もり

患者さまのご要望と症状をもとに、治療計画を立てます。
治療法は1つとは限らないため、それぞれのメリット、デメリットをご説明しながら、患者さまと歯科医師で一緒に治療法を決めていきます。
この段階で治療費のお見積もりをお出しいたしますので、ご自宅へお持ち帰りいただき、しっかりとご検討いただきます。

前処置

患者さまより治療開始の申し出をいただきますと、治療に入っていきます。
入れ歯治療を行う前に、虫歯や歯周病の治療を行っていきます。

義歯・入れ歯治療の流れ3

入れ歯治療の開始 概形印象採得&個人トレー製作

入れ歯治療の開始

入れ歯治療では最初に簡易的な型取りを行います。 既成のトレーを用いて型取り(概形印象採得)を行い、その型をもとに患者さまのお口に合わせた専用の型どり用トレー(個人トレー)を作ります。

義歯・入れ歯治療の流れ4

精密機能印象咬合採得

精密機能印象&咬合採得

個人トレーを用いて、より精密な型取り(精密機能印象)を行います。
この型をもとに、プラスチックの床とその上にロウを盛った咬合床と呼ばれるパーツを作製します。
このロウを熱で軟らかくした上で咬み合わせを採っていきます。

咬み合わせの測定、再現に使用するさまざまな装置

  • フェイスボウトランスファー
  • 咬合器

BPSデンチャーの場合

BPSデンチャーの場合

BPSデンチャーの場合は、咬合床に似た専用の個人トレーで咬合採得を行った上で、上下同時に型取り(印象)を行います。
入れ歯の型取りは、柔らかく動きのある歯肉を正確に型に反映させる必要があるため、非常に難易度が高い治療過程です。
BPSデンチャーの上下同時印象は、患者さまのお口の動きで圧をかけ、型取りを行うため、非常に精密な歯型を作ることができ、お口の中の動きまでもを正確に反映させることが可能です。

義歯・入れ歯治療の流れ5

人工歯配列試適

人工歯配列&試適

咬合器に咬合床をセットし、人工歯を並べていきます。
人工歯の色や形は患者さまのご希望をお伺いします。
人工歯を並べた状態でお口の中に装着します。
この段階の入れ歯(蝋義歯)は、ピンクの歯肉の部分は熱で柔らかくなるロウでできているため、必要に応じて歯科医師、歯科技工士が修正・調整を行います。

義歯・入れ歯治療の流れ6

義歯・入れ歯の完成