部分入れ歯とは?

部分入れ歯とは?

通常の保険診療の部分入れ歯では、残っている歯にクラスプと呼ばれる金属のバネを引っ掛けて固定します。 これでは、金属のバネが目立ち、見た目が気になりますし、入れ歯を支えている歯に大きな負担がかかり、その歯の寿命を縮めてしまいます。 実際、部分入れ歯になってから、金属のバネをかけている歯が次々に抜歯に至るケースは多いのです。 その場合、抜歯の度に入れ歯を再度作製し、最終的には総入れ歯になってしまいます。 そうならないために、当院では、見た目も目立たず、残った歯への負担も少ない部分入れ歯を採用しています。

部分入れ歯種類

テレスコープデンチャー 部分入れ歯
テレスコープデンチャー 部分入れ歯

テレスコープデンチャー

テレスコープデンチャーとは、入れ歯を固定・維持する方法として一般的な金属のバネ(クラスプ)ではなく、はめ込み式の機構を用いた義歯・入れ歯の総称です。
金属のバネを必要としないため、見た目が自然で入れ歯であることを他人に気付かれることがなく、煎餅やタクワンなども問題なく噛むことができます。審美性と機能性を兼ね備えた、数少ない入れ歯の一つです。

テレスコープデンチャーの特徴
ミリングデンチャー 部分入れ歯
ミリングデンチャー 部分入れ歯

ミリングデンチャー

ミリングデンチャーは、差し歯(クラウン)と入れ歯がセットになったタイプの入れ歯です。
舌側に溝がある差し歯(クラウン)を装着し、その溝に入れ歯を固定します。
金属のバネがないため見た目が美しく、しっかりと噛むことができます。

ミリングデンチャーの特徴
  • 差し歯を装着した状態の正面
  • 差し歯を装着した状態の舌側(歯の裏側)
  • 差し歯を装着した状態の正面
  • 差し歯を装着した状態の舌側(歯の裏側)
マグネットデンチャー(磁性アタッチメント義歯) 部分入れ歯
マグネットデンチャー(磁性アタッチメント義歯) 部分入れ歯

マグネットデンチャー
(磁性アタッチメント義歯)

残っている歯が少ない場合に、残っている歯を総入れ歯の維持装置にします。 残っている歯に磁石を装着し、入れ歯側にも磁石を組み込みます。 磁石と磁石がくっつく力で入れ歯を維持・固定する方法です。
全ての歯がない場合には、インプラントを埋入した後に磁石付きの土台を付けることで、マグネットデンチャーを使用することも可能です。
磁石を利用することで、通常の総入れ歯よりも外れにくく、噛みやすくなります。

マグネットデンチャーの特徴
  • マグネット付き部分入れ歯
    マグネット付き部分入れ歯
  • 矢印
  • マグネット付き部分入れ歯
    マグネット付き部分入れ歯
アタッチメント義歯 部分入れ歯
アタッチメント義歯 部分入れ歯

アタッチメント義歯

入れ歯を支える残存歯を加工し、クラスプ(金属のバネ)を使わずに、入れ歯を固定する方法です。
上記3種類の入れ歯もアタッチメント義歯の1種で、アタッチメントの仕組みによって、その他にもさまざまな種類があります。
金属のバネがなく、入れ歯を固定・維持する力が強いため、見た目が美しく、しっかりと噛むことができます。

ノンクラスプデンチャー種類

ノンクラスプデンチャーは、金属のバネ(クラスプ)を使用しない部分入れ歯です。見た目が自然で審美性に優れた治療が可能です。
長期的な使用に向いていないため、インプラントの治癒期間など、一時的な使用に向いています。 欠損数が多い場合には適用できない場合があります。

ノンクラスプデンチャー 部分入れ歯
エステショット 部分入れ歯

ノンクラスプデンチャー エステショット

エステショットはノンクラスプデンチャーの1つで、金属のバネを使用しないため、目立たず審美性に優れた部分入れ歯です。
健康保険のレジン(プラスチック)製の入れ歯よりは柔らかいものの、バルプラストよりはやや硬い材料でできているため、噛みやすい、表面が傷つきにくい、修理・調整ができるなどの特徴があります。

エステショットの特徴
バルプラスト 部分入れ歯
バルプラスト 部分入れ歯

バルプラスト
エステショット

バルプラストは、非常に弾性がある素材(超弾性樹脂)を使用しているため、衝撃に強く壊れにくいという特徴があります。
とても軽くて薄く、床の色が半透明で、歯肉と義歯床の境界がわからない自然な仕上がりで、審美的に優れています。

バルプラストの特徴