テレスコープ義歯とは?

テレスコープ義歯とは?

テレスコープデンチャーとは、入れ歯を固定・維持する方法として一般的な金属のバネ(クラスプ)ではなく、はめ込み式の機構を用いた義歯・入れ歯の総称です。
固定・維持の仕方によって、コーヌスクローネ、リーゲルテレスコープ、レジリエンツテレスコープなどの種類があります。
金属のバネを必要としないため、見た目が自然で入れ歯であることを他人に気付かれることがなく、煎餅やタクワンなども問題なく噛むことができます。
審美性と機能性を兼ね備えた、数少ない入れ歯の一つです。

テレスコープデンチャー特徴

  • テレスコープデンチャーのメリット
  • テレスコープデンチャーのデメリット

テレスコープデンチャー種類

コーヌスクローネ
コーヌスクローネ

コーヌスクローネ

コーヌスクローネは、入れ歯の固定方法としてクラスプ(金属のバネ)ではなく、二重冠のはめ込み式(内冠に外冠をはめ込む)機構を用いた入れ歯です。
残存歯に内冠を被せ、入れ歯側に内冠に適合する外冠を装着し、内冠に外冠をぴったりとはめ込みます。
コーヌスクローネが入れ歯を固定する維持力は内冠と外冠の摩擦力です。
これは茶葉を入れる茶筒に近いイメージになります。
茶筒の蓋は本体を強く振っても外れませんが、蓋にゆっくりとした力を加えると簡単に外れます。

  • コーヌスクローネ装着前
  • 矢印
  • コーヌスクローネ装着後
  • コーヌスクローネ 内冠

    コーヌスクローネ 内冠

  • コーヌスクローネ 入れ歯装着時(上顎)

    コーヌスクローネ 入れ歯装着時(上顎)

  • コーヌスクローネ 入れ歯装着時(下顎)

    コーヌスクローネ 入れ歯装着時(下顎)

リーゲルテレスコープ
リーゲルテレスコープ

リーゲルテレスコープ

リーゲルテレスコープは、閂(かんぬき)の形態をした維持装置を用いた入れ歯です。
留め金を口腔内で開閉することで入れ歯を脱着します。
他のテレスコープデンチャーと同様に支台歯への負担が少なく、床を小さくすることができます。
テレスコープデンチャーの中でも特に高い精度と熟練の技術が求められる入れ歯です。

  • リーゲルテレスコープ装着前
  • 矢印
  • リーゲルテレスコープ装着後
  • リーゲルテレスコープ 内冠

    リーゲルテレスコープ 内冠

  • リーゲルテレスコープ レバーを開けた状態

    リーゲルテレスコープ レバーを開けた状態

  • リーゲルテレスコープ レバーを閉めた状態

    リーゲルテレスコープ レバーを閉めた状態

レジリエンツテレスコープ
レジリエンツテレスコープ

レジリエンツテレスコープ

レジリエンツテレスコープは、残っている歯が片顎3本以内の場合に適応されます。
残っている歯が少ない場合は、できるだけ歯に負担がかからないようにする必要があります。
そのため、レジリエンツは、入れ歯を歯で維持するのではなく、粘膜で維持する設計となっています。
粘膜は入れ歯により沈み込むため、内冠と外冠の間には沈み込む分の隙間を空けて作ります。
噛む力が内冠を被せた残存歯に伝わるため、歯が1本残っているだけでも、通常の総入れ歯とは使用した感覚が全く違います。

  • レジリエンツテレスコープ装着前
  • 矢印
  • レジリエンツテレスコープ装着後
  • レジリエンツテレスコープ 内冠

    レジリエンツテレスコープ 内冠

  • レジリエンツテレスコープ 外冠(義歯内面)

    レジリエンツテレスコープ 外冠(義歯内面)