審美歯科の種類とは?

審美歯科治療

審美歯科治療にはいくつかの治療法があります。

矯正歯科治療やインプラント治療も審美性を改善・回復するという意味では広義の審美歯科治療と言えますが、ここでは歯冠修復に限って審美歯科治療の種類をご紹介します。

歯冠修復による審美歯科治療には、主に
セラミッククラウン
ラミネートベニア
セラミックインレー
ダイレクトボンディング
の4つの治療法があります。

セラミッククラウン種類

セラミッククラウン

虫歯が大きいときには人工の歯を被せる必要があります。 この人工の歯をクラウンと呼びます。
保険診療では、前歯6本には金属の裏打ちにプラスチックを貼り付けた硬質レジン前装冠を、臼歯にはパラジウムクラウンー通常“銀歯”を使用することになっています。
強度面から使用している医院は多くありませんが、ジャケット冠と呼ばれるプラスチックのみで作られたクラウンもあります。
プラスチックは、時間の経過とともに変色し、金属を使用したクラウンは劣化・変形し、ときにはブラックマージンが発生します。
ブラックマージンとは歯と歯ぐきの間から金属が見え、歯ぐきの縁に黒いラインができてしまう状態です。
プラスチックや金属は細菌が付着しやすいため、虫歯の再発リスクも高くなります。
これに対して、審美性が高く、虫歯の再発リスクも低い歯冠修復材料が「セラミック」です。
光を透過し、光沢のある質感で非常に美しく、変形したり錆びたりすることのない体に優しい素材です。
セラミッククラウンは、いくつかのセラミッククラウンの総称として用いられることがあります。
ジルコニアセラミッククラウン、オールセラミッククラウン、メタルボンド(メタルセラミッククラウン)、オール(ピュア)ジルコニアクラウン、ハイブリッドセラミッククラウンなど、セラミッククラウンとして一括りにされることがありますが、それぞれが異なる被せものです。

ジルコニアセラミッククラウン 審美歯科
ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウンとは、白い人工ダイヤモンド“ジルコニア”の裏打ちにセラミックを盛り付けた被せものです。 (ジルコニアも厳密にはセラミックの一種です。) 変色せず、透明感のある抜群の美しさとともに、金属と同等の強度を兼ね備えた、現時点での最良の治療法になります。

  • ジルコニアセラミッククラウン術前
  • 矢印
  • ジルコニアセラミッククラウン術後
オールセラミッククラウン 審美歯科
オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンとは、クラウン全体が全てセラミックでできている被せものです。
強度はジルコニアよりも劣りますが、同等の審美性を誇るクラウンです。
透明感が高いため、場合によってはジルコニアセラミッククラウンよりも高い審美性を実現できるケースもあります。

  • オールセラミッククラウン術前
  • 矢印
  • オールセラミッククラウン術後
オールジルコニア、クラウン、メタルボンド、ハイブリッドセラミッククラウン etc 審美歯科
審美歯科

その他のクラウン

オールジルコニアクラウンとは、全てジルコニアでできた被せものです。
強度が高く、色彩の再現性が低いため、主に臼歯部に使用します。
その他、特殊なケースではメタルボンド(メタルセラミッククラウン)やハイブリッドセラミッククラウンも使用しています。
メタルボンドとは、金属の裏打ちにセラミックを焼き付けた被せものです。
そして、ハイブリッドセラミックとは、金属の裏打ちにセラミックとプラスチックの混合素材を盛り付けた被せものになります。
ケースによって適用可能なクラウンは変わってきますので、症状も確認したうえで患者さまに適用可能な選択肢をご提示いたします。
実物を手に取って確認しながら、どのクラウンにするのかお決めいただけます。

ラミネートベニア種類

ラミネートべニア

ラミネートべニアとは、歯の表面を薄く削って、セラミックで製作した薄いシェル(右写真)を貼り付ける治療法です。
「歯の色をもっと白く」「歯の形を整えたい」「隙っ歯を治したい」といった要望にお応えすることができます。
同様の目的で行われるセラミッククラウンに比べ、天然の歯を削る量が少なく、治療回数も少ないため、それほど歯並びが悪くない方にはラミネートベニアがオススメです。
(歯並びが悪い場合にはラミネートベニアを適用できない場合が多くなります。)

ラミネートベニア 審美歯科
ラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートベニアで前歯2本の形を改善しました。
写真「形成後」は表面を薄く削った後の状態です。
ここに「装着前のラミネートベニア」を貼り付けます。

  • ラミネートベニア術前
  • 矢印
  • ラミネートベニア術後

セラミックインレー種類

セラミックインレーの種類

歯の神経まで到達していない比較的小さい虫歯の場合、虫歯を削った後に詰めもので削った箇所を補います。
この詰めもののことをインレーと呼びます。
保険診療では、パラジウムという金属のインレー”通称「銀歯」”を使用します。銀歯は金属色が目立つだけでなく、経年劣化が激しく、錆びたり変形し、細菌も付着しやすいため、虫歯再発リスクが高い素材です。
世界的に見ると、この銀歯を未だに一般的に使用している国は非常に珍しいようです。
世界的にも一般的に使用される歯冠修復材料ーそれは「セラミック」です。セラミックは、審美性が高いだけでなく、虫歯再発リスクの低い、非常に優れた素材です。
セラミックインレーには、ジルコニアインレー(人工ダイヤモンド:ジルコニア100%)と、オールセラミックインレー(セラミック100%)2種類があります。

オールセラミックインレー 審美歯科
オールセラミックインレー

オールセラミックインレー

透明感と光沢のある質感が美しい、オールセラミックインレー。
自然な美しさだけでなく、体に優しい歯冠修復素材です。

  • オールセラミックインレー術前
  • 矢印
  • オールセラミックインレー術後
ジルコニアインレー 審美歯科
ジルコニアインレー

ジルコニアインレー

ジルコニアインレーは、人工ダイヤモンドであるジルコニアでできたインレー。 非常に強度が高いのが特徴です。
また、オールセラミックインレー同様、白く美しく、細菌の付着しにくい性質を持っています。

  • ジルコニアインレーの術前
  • 矢印
  • ジルコニアインレーの術後

ダイレクトボンディング種類

ダイレクトボンディングの種類

ダイレクトボンディングとは、セラミックに近い審美性を持つハイブリッドセラミックを直接歯に盛り付け、硬化させる治療法です。
当院では、グラディアダイレクトというダイレクトボンディング用ハイブリッドセラミックを使用します。
これは、保険診療で使用するのレジン(プラスチック樹脂)と比べ、色彩の選択肢が多く、透明感や光沢のある質感が美しく、変色も少ない優れた素材です。
直接歯に盛り付けていくため、歯の型取りを行う必要がなく、治療回数も少なくすることができます。
隙っ歯の審美的改善や、変色したレジン樹脂の取り替え、小さな虫歯を目立たずに治療したいケースなどで適用となります。
当院のダイレクトボンディングでは、色調再現にこだわります。
コンピューターで精密に色合いを測定する、クリスタルアイという専用機器を導入しています。
クリスタルアイを使用し、シェードマッピング(右図)で色調の移行性を確認しながら、全27色のグラディアダイレクトを美しく積層させていきます。

ダイレクトボンディングで欠けた前歯を修復 審美歯科
ダイレクトボンディングで欠けた前歯を修復

ダイレクトボンディング

欠けた前歯をダイレクトボンディングで治療しました。
治療箇所がわからないほど、自然で美しく治療することができます。

  • ダイレクトボンディング術前
  • 矢印
  • ダイレクトボンディング術後
グラディアダイレクトによる虫歯治療 審美歯科
グラディアダイレクトによる虫歯治療

グラディアダイレクト

虫歯の箇所のみ削って、グラディアダイレクトを詰めています。
ダイレクトボンディングであれば、削る量を最小限に抑え、侵襲の少ない治療が可能です。

  • グラディアダイレクトの術前
  • 矢印
  • グラディアダイレクトの術後