セラミック治療とは?

セラミック治療

当院のセラミック治療とは、人工歯にセラミックを用いたメタルフリーな治療です。
セラミックは陶器と同じ素材でできており、透明感のある自然な白さを再現することができます。もちろんお色味は患者様の理想に添うことができますので、人工的な真っ白さを再現することも可能です。
また、色味と同じように形にもこだわることができるので、前歯の傾きや出っ歯を治したいと考えている方にも最適な治療となります。

セラミック治療では見た目の審美的な側面が強調されがちですが、最も大事なことは身体に優しいという点です。
セラミックには、虫歯を再発させにくい、金属アレルギーやガルバニー電流を発生させない、清掃性が良いという特徴があります。
セラミックを用いたメタルフリーな治療だからこそ「身体に優しい」人工歯を作成することができるのです。

身体に優しいセラミック

一般的に用いられる銀歯とは

銀歯には、『虫歯の再発』『金属アレルギーの発症』『噛み合わせの悪化』『歯肉の黒ずみ』といった様々なデメリットがあります。
一般的な歯科治療で多く用いられる「銀歯」ですが、その素材は純銀ではなく銀パラジウム合金、アマルガムといった複数の金属素材が使用されています。金属は経年劣化で腐食し、金属成分が溶け出し体内に蓄積してしまいます。
腐食するということは銀歯(被せ物)とご自身の歯との間に隙間ができてしまいます。この隙間から虫歯菌が入り込み、銀歯の下で虫歯が進行してしまうことがあります。
一方、溶け出した金属成分は体内に蓄積していきますが、この成分に身体を守るための免疫機能が過剰反応することによって引き起こされるのが金属アレルギーです。
金属アレルギーは炎症となって口腔内に現れるばかりではなく、全身の皮膚に現れることがあり、銀歯との因果関係が分からないまま適切な治療を行えない場合も多々あります。


身体に優しいメタルフリーな治療

歯科では補綴物に金属、プラスチック、セラミックを使用しています。
銀歯の持つデメリットを考え、当院では補綴物に金属を用いないメタルフリーな治療を行っております。
プラスチックもメタルフリーな補綴物の一つですが、経年劣化による色味の変化や割れやすさを考えるとお勧めできません。
セラミックは陶器と同じ素材で出来ています。白く透明感があるだけでなく、ツルツルとした表面をしているので歯石や歯垢といった虫歯の原因になるものが付着しにくく、清掃性が良いという特徴があります。もちろん、経年劣化で腐食することも、体内に成分が溶け出すこともないので、高い審美性を維持することができます。
歯を大切に、口内環境を良好な状態に保つためにも、セラミックでの治療をお勧めします。

セラミック優れた4つの特徴

セラミックの優れたポイント1

透明感のある自然な白さを実現可能

セラミックの優れたポイント2

長期間使用しても変色せず、いつまでも美しい

セラミックの優れたポイント3

細菌が付着しにくく、衛生的虫歯の再発リスクが低い

セラミックの優れたポイント4

錆びたり、アレルギーがなく、歯肉に色素が沈着することもない

最近では芸能人やモデルの方がセラミックによる治療で歯をキレイにしていることが一般的に認知されてきました。

一般の歯医者さんでもセラミックを取り扱うところが増えてきましたが、当院はセラミックを専門に特化したセラミック治療クリニックです。
特にメタルボンドと呼ばれる金属を使用したセラミックの歯を使用する歯科医院や美容外科が多い中で、当院は金属をいっさい使用しないオールセラミックにこだわっています。

歯科医師にとって、セラミックは金属やプラスチックとはまったく違った技術が必要となるため、どれだけセラミックの臨床経験を積めるかが技術向上のための必要条件になります。

一般的な歯医者さんでは月に数ケース、オールセラミックの臨床をほとんど行ったことがない歯科医師もたくさんいます。
その点、当院では開業以来12,000本というセラミックの治療実績を誇っており、セラミックの取り扱いに優れた歯科医師が治療にあたっています。

当院のセラミック治療実績(2012年1月現在)

12,000本

当院のセラミック治療

マイクロルーペ 、マイクロスコープによる精密セラミック治療

Exact Esthetic Dentistry

マイクロルーペとは拡大鏡を、マイクロスコープとは顕微鏡を意味します。
これらを使用することで、人工の歯の縁(マージン)を高倍率で確認することができます。
歯質と人工の歯の境目に隙間ができていると、そこから細菌が侵入し、虫歯の原因となります。
虫歯が再発してしまうと、折角入れたセラミックの被せものも使えなくなってしまいます。
そのような被せものの境目は、肉眼ではスムーズに見えても、拡大して確認するとその縁(マージン)はガタガタになっています。
拡大視野下で滑らかな境目を形成することによって、精度が高く隙間がない、細菌の侵入しにくい治療が行えます。

  • 術前
    マージンがガタガタな術前
  • 矢印
  • 術後
    マージンを整えた施術後

術前の写真では、歯と歯ぐきの間に隙間ができています。
拡大視野下で治療を行った術後の写真では、天然の歯のように歯ぐきの下から歯が生えているように治療ができています。
特にマイクロスコープは、高額で操作にも特別な訓練が必要となるため、日本では約2%の歯科医院にしか導入されていない医療機器です。
それでも当院が拡大視野下での精密セラミック治療にこだわるのは、美しさを追求するあまり持続性や機能性を無視してしまうことなく、口腔領域の専門家として「いつまでも美しいセラミック治療」を追求するという当院のポリシーがあるからです。

マイクロスコープについて

デンタルラボを併設する色や形へのこだわり

Dental laboratory along:Feelings color and form

患者さまのお口に入る人工の歯は歯科医院で作られているのではなく、デンタルラボ(歯科技工所)と呼ばれる施設で作られています。
デンタルラボにはデンタルテクニシャン(歯科技工士)と呼ばれるプロフェッショナルが在籍しています。
デンタルテクニシャンは、専門の学校を卒業した後、国家試験に合格した人工の歯の専門家です。
通常の歯科医院では、デンタルテクニシャンが常駐していることはほとんどなく、人工の歯の製作は外注という形でデンタルラボに依頼していますが、当院では、デンタルテクニシャンを4名抱えるデンタルラボ“Ceramic Factory Tokyo”を併設しています。
デンタルテクニシャンが医院に常駐する形になるため、まるでデザイナーに直接要望を伝えることができるかのように、オーダーメードの人工歯製作が可能です。

  • 歯科技工の立会

    色合い、立体的な形態、質感などを実際に確認。患者さまのご要望を直接お伺いします。

  • 歯科技工士と歯科医師でのダブルチェック

    補綴物(人工の歯)の仕上がりをドクターと歯科技工士で厳密にWチェックします。

歯の色合い、形態、質感など、患者さまのご希望を満たすセラミックの人工歯を作製するために、そしてそれらを可能な限り迅速に行うために、当院では、たとえ経営上効率が悪くなろうとも、併設ラボにこだわります。
併設ラボ“Ceramic Factory Tokyo”これも当院のポリシーのひとつです。

Ceramic Factory Tokyoについて