インプラントとは? インプラント

インプラントとは?

歯科インプラント治療とは、歯が欠損した部位にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。

歯がない部位がある方、歯が抜けてしまった方、抜歯が必要な方、全く歯がない方まで、全ての方がインプラント治療の適応となります。

インプラント治療は、ブリッジや部分入れ歯のように隣接した歯に負担をかけることがなく、また、総入れ歯のように顎の骨が退縮することもない、優れた治療法です。

歯を1本失った場合

治療法はブリッジ・部分入れ歯・インプラント

Bridge・Partial Denture・Implant

歯を1本失った場合の治療法にはブリッジ、部分入れ歯、インプラントといった治療法があります。

ブリッジとは、欠損部の両隣りの歯を削り、そこに3つの連なった人工の歯を被せるという治療法です。

この治療法では、本来3本の歯で維持する必要がある噛む力を2本の歯で維持しなくてはならず、土台となる隣在歯に非常に大きな負荷をかけてしまいます。また、部分入れ歯は、クラスプと呼ばれる留め具で入れ歯を固定しますが、ブリッジと同様の理由で隣在歯に負担をかけます。

これらの治療法では、1本の歯を失ったことが原因で負担のかかる両隣りの歯が駄目になるケースが非常に多く、歯が抜けるたびに次の隣の歯へと連鎖的に欠損部位が増えていく可能性があります。

インプラントであれば、健康な歯を削ることなく、負担もかけずに、機能性・審美性を回復することができます。
インプラント治療は、他の歯を守る予防的な意味合いでも理想的な治療法です。

  • インプラントの術前
  • 矢印
  • インプラントの術後

歯を数本失った場合

治療法は部分入れ歯・インプラント

Partial Denture・Implant

連続した数本の歯を失ってしまうと、ほとんどのケースでブリッジ治療は適用できず、選択肢は部分入れ歯かインプラントになります。

歯を数本失った場合の部分入れ歯は、欠損部分の人工の歯を支えるために、左右両側にクラスプ(金属の留め具)を使用することが多くなります。 このような治療は、審美性が損なわれ、入れ歯を支える歯に負担をかけるだけでなく、口腔内全体の清掃性が悪くなるため、細菌が付着しやすく、虫歯や歯周病を引き起こす原因となります。 また、残念なことに噛む力は歯があったころの数分の1程度になってしまいます。

インプラントの場合には、機能性・審美性を回復できるだけでなく、隣在歯の寿命を短くしたり、口腔内の衛生環境を悪化させることなく、天然の歯と同様に噛むことができます。
複数本の歯を失った場合でも、数本のインプラントを支台にしたブリッジが可能なケースがあります。当院では、患者様の身体的、経済的な負担を少しで軽減できるように、可能な限り最小の治療を行っています。

  • インプラントの術前
  • 矢印
  • インプラントの術後

当院では、インプラント以外にもクラスプのない、機能的・審美的な入れ歯もご用意しています。

機能的・審美的な部分入れ歯について

全ての歯を失った場合

治療法はインプラント・総入れ歯

Implant・Full Denture

全ての歯を失ってしまった場合には、インプラント治療か総入れ歯という選択になります。

当院では、全ての歯を失った方へのインプラント治療として、4~6本のインプラントで全ての人工の歯を支える方法を導入しています。

従来は全顎をインプラントで治療する場合、おおよそ8~10本のインプラントを埋入し、全顎のブリッジを装着するという治療法が一般的でした。 それに対して、この4~6本のインプラントで全ての人工の歯を支える治療法では、埋入本数を少なくすることができ、患者さまの身体的・経済的な負担を軽減することが可能となっています。

当施設では、これらの治療法として「ノーベルバイオケア All on 4」、「アンキロス シンコーンシステム」というインプラントシステムを採用しています。

All on 4 & 6について

また、All on 4 & 6やシンコーンよりも経済性を重視する治療法として、オーバーデンチャーという方法もご用意しています。 これは、2~4本のインプラントで義歯(入れ歯)を固定する治療法で、通常の義歯(入れ歯)よりも外れたり、ズレたりすることがなく、快適に食事や会話ができる、インプラントを併用した義歯(入れ歯)治療です。

オーバーデンチャーについて
  • インプラントの術前
  • 矢印
  • インプラントの術後