審美的なインプラントとは? インプラント

審美的なインプラントとは?

前歯などの目立つ箇所のインプラント治療には、高い審美性をご希望になる患者さまが多くなります。

当院では、特に審美的なインプラント治療をご希望の方向けのプレミアムインプラントをご用意しています。

プレミアムインプラントは、使用するインプラントの種類はもちろん、アバットメント(土台)、被せ物に至るまで徹底して審美性を追求したプランです。

  • 術前
    術前
  • 矢印
  • 術後
    術後
ポイント1

イプラントの種類にこだわる

審美性の高いインプラント治療のためには、どのメーカーのどのインプラントを使用するのかという選択がとても大切になってきます。
しかし、通常の歯科医院はもちろん、多くのインプラントセンターでも少数のメーカーのインプラントしか取り揃えていないのが現状です。

インプラントは、メーカーごとに埋入するための器具が異なるため、さまざまなメーカーのインプラントを使い分けるには埋入器具を複数購入する必要があります。
また、インプラントの種類が増えれば増えるほど在庫を抱えることにもなります。これらは医院にとって経営的な負担になるため、取り扱うインプラントを少数に抑えることになるのです。

しかし、当院では、それぞれのメーカーの特徴に合わせて最善の選択をするために、常時最低10種類程度のインプラントを用意しています。

インプラントメーカー

  • Nobel Biocare
  • ASTRA TECH DENTAL
  • ANKYLOS
  • straumann
  • 3i Japan
  • zimmer
  • XiVE
  • bicon
  • KENTEC
  • MYTIS IMPLANT
  • PLATON JAPAN
  • JMM
ポイント2

ジルコニアの土台で歯ぐきとの境目も美しく

インプラントの人工の歯を被せる土台部分をアバットメントと呼びます。 アバットメントは、チタン製のものを使用するのが一般的ですが、審美性を重視する場合には、ジルコニア製のジルコニアアバットメントを使用します。
ジルコニアとは白い人工ダイヤモンド。強さと美しさを兼ね備えた素材です。 歯科医療以外の分野でも、スペースシャトルの外壁や 人工関節などに使用されています。
このジルコニアをアバットメントの素材として使用することのメリットは、金属と同様の強度を持っているにもかかわらず、審美性が非常に高いという点にあります。

歯と歯ぐきの境目も美しく

ジルコニアアバットメントの審美性の高さは、歯と歯ぐきの境目に現れます。
アバットメントに金属を使用すると、金属の色素が歯肉に沈着することがありますが、ジルコニアなら色素の沈着は起こりません。
また、インプラント治療では清掃性の面から意図的にアバットメントを若干露出させたり、時間の経過とともに歯ぐきが衰えアバットメントが露出したりすることがあります。
このような場合でも白いジルコニアアバットメントなら歯と歯ぐきの境目が目立ず、美しさを保つことができます。

  • チタンアバットメント
  • チタンアバットメントジルコニアアバットメント
ポイント3

輝く白い歯― ジルコニアセラミック ―

インプラントの上部構造(被せ物)には、通常の歯の被せ物よりも強度が必要になります。
選択肢としては、メタルハイブリッドセラミッククラウン、メタルセラミッククラウン(メタルボンド)、ジルコニアセラミッククラウンの3種類があります。
金属を使用しないジルコニアセラミックは、透明感のある、最高の審美性を実現します。

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウンとは、白い人工ダイヤモンドであるジルコニアの裏打ちにセラミックを盛り付けた被せ物です。
オールセラミッククラウン同様、変色することなく、透明感のある抜群の美しさとともに、金属と同等の強度を兼ね備えた最新の治療法になります。

歯科技工士がいるから歯の形と色にもこだわれる!

Dental Technician

歯並び、歯の色、歯の形・・・・・・人の印象を決定づける大事なパーツです。
きちんと満足のいく仕上がりになるまで相談できる歯科医院を選んでいますか?
あまり知られていませんが、人工の歯(被せ物)を作るのは歯科医師ではなく、歯科技工士です。
通常は外部の技工所に注文することが多いのですが、それでは患者さまと歯科技工士との距離も遠く、なかなかダイレクトに患者さまの思いや希望が届かないのが実情。
当院は院内に技工士が常駐し、院内ラボを完備しています。
ですから、高いレベルの審美性を実現できるのです。
外部の技工所にオーダーするよりも短期間での制作も可能ですし、色や形が希望に合わないなど細かな修正にも対応できます。
“プロフェッショナル”としての歯科技工士が身近にいることで、安心・確実な治療ができる
―これも審美インプラントをご提供するための条件です。

  • 歯科技工士の立会
  • 歯科技工物の制作
  • 歯科医師と歯科技工士が意見交換を行う