インプラント治療の流れとは? インプラント

インプラント治療の流れとは?

治療開始するまでの流れ

インプラント治療開始までの流れ1

初診予約

初診予約

お電話か予約フォームよりご予約ください。
※現在インプラントの初診予約が大変込み合っております。ご希望の日時がある場合には恐縮ではございますが、お早めにご連絡ください。

インプラント治療開始までの流れ2

ご来院

ご来院

ご来院されましたら、受付にて問診票のご記入をお願いいたします。

インプラント治療開始までの流れ3

初診・カウンセリング

初診・カウンセリング

ドクターによるカウンセリングを行います。患者さまのお悩み、ご不安、ご希望などをしっかりとお聞きすることから始まります。
患者さまの症状に応じて、どのような治療法が選択肢としてあり得るのか、それぞれの治療法はどういったものになるのかを、資料や模型を使ってわかりやすくご説明します。(インプラント体や人工の歯の実物もご覧いただけます。)
また、おおよその治療費、治療期間、通院回数もお知らせします。

インプラント治療開始までの流れ4

基本検査&精密検査

基本検査&精密検査

CT撮影、模型製作、口腔内検査(虫歯・歯周病・咬み合わせ)、必要に応じて血液検査などを行います。
また、治療後の歯列を模型上で確認するために診断用WAXUPを作成します。
診断用WAXUPは、立体的な設計図の役割を果たします。

インプラント治療開始までの流れ5

治療計画の策定お見積書のご提出

治療計画の策定&お見積書のご提出

精密検査の結果をもとに、治療する部位、治療方法、治療する順番を治療計画として策定していきます。
患者さまのご希望をお伺いしながら「患者さまにとって」最適な治療をご提案します。
お見積書をお出ししますので、お持ち帰りいただき、しっかりとご検討ください。

インプラント治療を行うことに決めた場合には、当院のドクター、スタッフにお申し付けください。お申し出いただきましたら治療を開始いたします。

他院で抜歯を宣告され、当院へインプラント相談にいらっしゃる方の中には、適切な歯周病治療や根管治療を行うことで、抜歯せずに歯を残せる方もいらっしゃいます。
また、欠損部位・症状によっては、機能性・審美性に優れた義歯(入れ歯)が適用する場合もあります。
医学的に理想的な治療と、「貴方にとって」理想的な治療とが異なる可能性は十分にあり得ます。 当院では、「貴方にとっての」理想的な治療をご選択いただくために、インフォームドコンセント・インフォームドチョイス・インフォームドディシジョンを基本としています。

治療流れ

インプラント治療の流れ1

プロビジョナルレストレーション

診断用WAXUPをもとに仮歯(プロビジョナルレストレーション)を作製し、装着します。
プロビジョナルレストレーションは、単なる一時的な補完物ではなく、審美面・機能面での調整を目的とした仮歯です。

インプラント治療の流れ2

前処置

インプラント治療の前に、虫歯・歯周病・咬み合わせの治療を行います。
特に歯周病で歯を失った方には、歯周病治療をお受けいただきます。
歯周病を改善しないと、インプラントもご自分の歯と同じように歯周病が原因で抜けてしまう危険性が高まります。

歯周病治療について
インプラント治療の流れ3

シミュレーション

シミュレーション

CT撮影による3次元立体画像をコンピューターで解析し、骨量(幅、高さ)、骨形態、骨の固さ、神経・血管・サイナス(上顎洞)の位置を確認したうえで、埋入するインプラントの位置・深さ・角度などをシミュレーションします。

インプラント治療の流れ4

インプラント埋入手術

インプラント埋入手術

インプラントのフィクスチャー(根っこの部分)を埋入します。
当院では、全てのインプラント手術に静脈内鎮静法による麻酔を使用していますので、眠っている間に痛みなく、インプラント手術は終了します。

インプラント治療の流れ5

治癒期間

インプラントが骨に結合するまでに約6~24週間ほどの時間を要します。
治癒期間中は仮歯を使用していただきます。

インプラント治療の流れ6

二次手術

埋入したインプラントの最上部を露出し、人工の歯を接続するアバットメント(土台)を装着します。
※二次手術は、STEP4のインプラント埋入手術と同時に行える場合もあります。

インプラント治療の流れ7

人工の歯の製作装着

人工の歯の製作&装着

インプラント部位の精密な型取りを行い、上部構造と呼ばれるセラミック製の人工の歯や義歯(入れ歯)を作製し、装着します。
当院にはデンタルラボ(技工室)が併設されており、歯科技工士という国家資格を持つ人工歯製作のプロフェッショナルが常駐しています。
上部構造の形態・色合いは、歯科技工士との綿密な打ち合わせのうえで作製するため、非常に精度の高い上部構造が完成します。

インプラント治療の流れ8

メンテナンス

治療終了後は、定期的にドクターによる検査と歯科衛生士によるクリーニングを行います。
歯の咬み合わせというものは時間とともに変化し、調整を行わないとインプラントや天然歯を駄目にしてしまう可能性があります。
また、歯周病になるとインプラントもご自分の歯と同様に抜けてしまう可能性があります。
せっかく治療したインプラントを永く使用していただくために、数か月に1度のメンテナンスは必ずお受けください。