外科矯正とは?

外科矯正とは?

顔貌・輪郭も劇的にキレイに!
外科矯正とは・・・?

外科矯正とは、矯正治療単独では十分な歯列・咬合を実現することが困難な場合に、外科処置を併用する矯正法です。

外科矯正では一般的に歯列・咬合だけでなく、同時に顔貌・輪郭の審美的改善も実現します。
極端な出っ歯や受け口といった不正咬合に適用する治療法で、大学病院などではケース次第で健康保険が適用となります。
健康保険による外科矯正では、最初にワイヤーによる矯正を行った後、外科手術を行い、術後に再度ワイヤーによる矯正治療を行います。
この方法では外科手術の前後にワイヤー矯正を行う必要があるため、治療中の見た目や治療期間の長さに躊躇される患者様が多いのが実情です。

当院では最初に外科処置を行い、術後に裏側矯正などの目立たない装置で矯正を行うサージェリーファーストと呼ばれる治療法を採用しています。
自由診療となりますが、治療期間をとても短縮することができ、術後矯正も目立たない装置を使用することができます。

サージェリーファースト

サージェリーファーストとは、外科手術を最初に行う外科矯正方法です。
術前矯正を行う必要がないため、治療期間を短くすることができます。

美容外科にも似たような治療法がありますが、当院は総合口腔医療機関として見た目の改善だけでなく、噛む、喋るといった機能面での改善も視野に入れて治療を行う方針をとっています。

そのために、口腔・咬合に対する高度な知識と経験を持った専門の口腔外科医や大学病院の口腔外科と連携して治療を行っています。

サージェリーファーストによる外科矯正治療

X.Y.様 20歳代 女性

下顎枝矢状分割術で顎変形症を改善後、表側ワイヤーブラケット矯正で術後矯正を行いました。
術後矯正と同時に咬合を調整し、顔貌・歯列・咬合を大幅に改善することができました。

  • 術前
  • 矢印
  • 術後
  • 術前
  • 矢印
  • 術後
  • 術前
  • 矢印
  • 術後
  • 経過1

    初診時
    術前

    初診時の術前
  • 経過2

    下顎枝矢状分割術後
    術後1ヵ月

    下顎枝矢状分割術後1ヵ月
  • 経過3

    術後矯正治療期間
    術後4ヵ月

    術後矯正治療期間術後4ヵ月
  • 経過4

    保定時
    術後10ヵ月

    保定時術後10ヵ月
治療期間
2年(術後矯正含める)
通院回数
18回
入院回数
1回
入院期間
1週間
治療内容・費用
検査費 50,000円
下顎枝矢状分割術手術費 900,000円
入院諸経費 1,000,000円
ワイヤー矯正 800,000円
メリット
咬み合わせだけでなく、顔貌の改善が行える
ワイヤー矯正やマウスピース矯正で改善できないケースに対応できる
デメリット
保険適用外なので保険診療に比べて費用が高くなる
手術・入院が必要となる
術後に出血、腫れ、痛みが生じる
まれに、術後に神経麻痺が起こることがある

※上記の治療は保険適用外となります。
※価格は2019年10月現在の税別価格になります

外科矯正治療の種類

セットバック 外科矯正治療
セットバック 外科矯正治療

セットバック

左右の第1小臼歯を抜歯し、根元の骨を取り除きます。
その空いたスペースを埋めるように前歯6本を後退させ、チタンプレートで固定します。通常の矯正治療であれば2~3年かかる歯列が短時間の手術で改善します。
必要に応じて上顎のセットバックのみ、もしくは下顎のセットバックのみで改善するケースもありますし、上下同時にバランスよく引っ込めることも可能です。

  • 術前
    セットバック手術前
  • 矢印
  • 術後
    セットバック手術後
下顎枝矢状分割術 外科矯正治療
下顎枝矢状分割術 外科矯正治療

下顎枝矢状分割術

下顎枝矢状分割術とは、下顎骨を後方に移動することで受け口(下顎前突)を治す手術です。
下顎骨を回転もしくは前方に移動することで開咬や出っ歯(上顎前突)を開咬や出っ歯(上顎前突)を治すケースで用いられます。
手術は口の中から行うため、顔の皮膚に手術の跡が残ることはなく、外科矯正でもっともよく用いられる術式の一つです。

  • 下顎枝矢状分割術 手術前
    下顎枝矢状分割術 手術前
  • 矢印
  • 下顎枝矢状分割術 手術部位
    下顎枝矢状分割術 手術部位
  • 矢印
  • 下顎枝矢状分割術 手術後
    下顎枝矢状分割術 手術後
下顎枝矢状分割術+Le FortⅠ型 外科矯正治療
下顎枝矢状分割術+Le FortⅠ型 外科矯正治療

下顎枝矢状分割術
+Le FortⅠ型(ルフォーⅠ型)

上下の顎骨を同時に動かす必要があるケースで用いる術式です。
下顎枝矢状分割術で下顎骨を移動し、Le FortⅠ型で鼻から下の上顎全体を動かします。

  • 上顎 Le FortⅠ型 手術前
    上顎 Le FortⅠ型 手術前
  • 矢印
  • 上顎 Le FortⅠ型 手術部位
    上顎 Le FortⅠ型 手術部位
  • 矢印
  • 上顎 Le FortⅠ型 手術後
    上顎 Le FortⅠ型 手術後
  • 下顎枝矢状分割術 手術前
    下顎枝矢状分割術 手術前
  • 矢印
  • 下顎枝矢状分割術 手術部位
    下顎枝矢状分割術 手術部位
  • 矢印
  • 下顎枝矢状分割術 手術後
    下顎枝矢状分割術 手術後