無痛治療とは?

無痛治療

通常の歯科治療は、痛みや不快感を伴うことが多く、患者さまに多大な精神的ストレスを与えてしまいます。
そして、不快なために治療を敬遠し、その結果として症状が悪化し、「より不快な治療」が必要になることもあります。

当院では、このような悪循環を起こさないように、痛みや不快感を極力小さくするように細心の注意を払っています。

歯科治療に嫌悪感や恐怖感をお持ちの方でも苦痛や不快感を感じることなく治療を受けていただけるよう、静脈内鎮静法(無痛点滴麻酔)、全身麻酔、笑気吸入鎮静法(リラックス麻酔法)を使用した歯科治療を取り入れています。

無痛治療のための各種鎮静法

当院では、通常の局所的な麻酔以外に各種鎮静法をご用意しています。

静脈内鎮静法(点滴無痛麻酔)無痛治療
静脈内鎮静法

静脈内鎮静法(点滴無痛麻酔)

静脈内鎮静法は点滴により麻酔薬を腕の静脈に投与し麻酔を行う方法です。 静脈内鎮静法を行っている状態は、うっすらと意識はありますが、ほとんど眠っているような状態になります。 治療にともなう不快な痛みや振動・音などがほぼ気にならず、快適に歯科治療を受けることができます。 静脈内鎮静法は全身麻酔と異なって完全に意識がなくなることはありませんので、通常の歯科麻酔(注射による局所麻酔)を併用して治療を行います。

静脈内鎮静法について
全身麻酔 無痛治療
無痛治療

全身麻酔

全身麻酔は、静脈内鎮静法が効きにくい患者さまや障害をお持ちで通常の歯科治療が行えない方、1回に全顎的な多数の歯の治療を行う場合、全顎的なインプラント手術、口腔外科手術など、長時間の歯科治療が必要になる場合に使用します。 医科の外科手術で使用する方法と同じで完全に意識のない状態で治療を行います。

全身麻酔について
笑気吸入鎮静法(リラックス麻酔法)無痛治療
笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法(リラックス麻酔法)

笑気吸引鎮静法とは、鼻から笑気ガス吸引して気持ちを鎮静化させる方法です。 治療に対する不安、恐怖心、不快感などを和らげる効果があり、痛みに鈍感になります。 笑気吸引鎮静法は痛みをなくすものではないため、通常の歯科麻酔(注射による局所麻酔)を併用して行います。

各種鎮静法比較

鎮静深度(鎮静効果)治療の侵襲度適応治療内容

笑気吸入鎮静法

浅い
リラックスした状態

一般的な治療

静脈内鎮静法

比較的深い
意識はあるが、ほとんど眠っている状態

小~中

一般的な治療、抜歯、インプラント埋入手術、多数歯の集中治療、など

全身麻酔

深い
意識はあるが、ほとんど眠っている状態

中~大

インプラント埋入手術、多数歯の集中治療、埋伏歯の複数抜歯、口腔外科手術 、など

無痛治療へのこだわり

その他の痛みをやわらげる工夫

Device to relieve a pain

各種鎮静法を行わない通常の治療のときにも、できる限り患者さまの痛みをやわらげるため当院ではさまざまな機器や工夫をご用意しています。

ポイント1

表面麻酔

表面麻酔

歯ぐきに注射針を刺す前に塗る麻酔です。
表面麻酔を麻酔を打つ部分に塗ってから、麻酔の針を挿入していきます。
当院では、一般的に使用されるゼリー状のものと、高濃度の液状のものを使用しています。表面麻酔を塗ることにより、歯ぐきに針を刺すときのチクッという痛みを感じることなく麻酔の注射を行うことができます。

ポイント2

自動麻酔注射器

自動麻酔注射器

歯ぐきへの麻酔注入時の不快感は、麻酔液を注入するスピードをコントロールすることでやわらげることができます。
当院では、麻酔液の注入スピードをコンピューターで制御し、最初はゆっくり注入し、徐々にスピードを上げていく自動調整が可能な注射器を使用しています。

ポイント3

麻酔保温器

麻酔保温器

麻酔液を常に体温に近い温度の37℃付近に保つための機械です。
麻酔の液が冷たいと体が麻酔の液が入ってきたと敏感に感じてしまいます。
麻酔液が体温に近いほど麻酔を入れるときの不快感が少なくなります。

ポイント4

マイクロ注射針

マイクロ注射針

当院では注射針にもこだわっています。
通常の歯科医院では、30G・31Gの注射針を使用しますが、当院ではもっとも細い極細33Gの注射針を使用しています。
33Gとは、髪の毛と同じ程度の細さを意味します。