全身麻酔とは?

全身麻酔

麻酔薬を静脈内に投与し全身の痛み、感覚を麻痺させる方法です。医科の外科手術にも使用されます。
脳の活動を抑えるので、静脈内鎮静法よりも眠りを深くして、苦痛を全く感じない状態で治療を行うことができます。
全身麻酔中は血圧、心拍数、心電図、酸素飽和度、終末呼気炭酸ガス分圧、体温を計測記録し、常に全身状態の変化を観察しながら、それらの変化に対応した処置がとれるように全身管理を行う必要があります。

一般的には入院施設のある病院でないと全身麻酔を取り入れた治療は行いませんが、当院では無痛治療を積極的に取り入れるため全身麻酔治療を行える最新の設備、機器を揃えています。
全身麻酔は、歯科治療に伴う恐怖感や不快感(痛み、嫌な音、臭い、味など)を全く感じることなく、意識のない状態で治療を終えることができます。
長時間の治療も苦痛を感じることがないので、一度に多くの治療を行え、通院回数が少なくすることもできます。

歯科業界でも最高水準の麻酔設備

全身麻酔時はもちろん、静脈内鎮静法(点滴無痛麻酔)を行うときにも、緊急時に対応できるように全身麻酔への対応可能な設備が必要です。 当院では、全身麻酔でも患者さまが安心・安全に治療を受けていただけるよう業界最高水準の設備を導入しています。
実際に治療を行うオペレーションルームはもちろん、術後に麻酔が抜けるまでご休憩いただくリカバリールームもゆったりとした完全個室です。

  • オペレーションルーム
  • 静脈内鎮静法

術中には各種モニターで患者さまの全身状態を徹底管理することによって、安心・安全な麻酔下で治療を行います。
当院では、より安全性を高めるために、脈拍・血圧・酸素飽和度により身体に異常がないかを管理する医科用生体管理モニター、 コンピューター制御による自動点滴麻酔注入器(TCI)、脳波を調べるBISモニターなども導入しています。
これらの機器により患者さまの全身状態の変化を即座に読み取り、適切な量の麻酔薬を投与することができます。

医療用生体管理モニター 全身麻酔
医療用生体管理モニター

医科用生体管理モニター

オペ中の患者さまの脈拍・血圧・酸素飽和度を数字で管理することで、常に身体の異常がないかを確認、把握します。
歯科用のものより正確に把握可能です。

TCIシリンジポンプ
TCIシリンジポンプ 全身麻酔

TCIシリンジポンプ

シリングポンプ(注射器)に充填された薬剤を、設定された流量で持続的に注入する医療用機器です。
ICU(集中治療室)など、厳密な患者管理を行う医療現場で広く使用されています。

BISモニター 全身麻酔
BISモニター

BISモニター

脳波を計測することで、麻酔の深さを正確に把握することができます。 麻酔専門医も経験や勘に頼っている部分がありますが、この機械によって正確で安全な麻酔の投薬が可能となっています。

医科用全身麻酔装置
医科用全身麻酔装置 全身麻酔

医科用全身麻酔装置

医科用全身麻酔装置は、細かい呼吸管理が可能です。
当院では、主に大学病院や総合病院などで用いられるものと同様の全身麻酔装置を使用しています。

高血圧症、心疾患などの全身疾患を持った患者さまも安心です

局所麻酔薬には、血管を縮めるお薬が入っています。
健康な患者さまには特に問題ないのですが、高血圧症、狭心症、心筋梗塞、脳血管障害等の全身疾患を持った患者さまの場合、危険が伴います。
生体情報モニターを使用し、全身疾患を持った患者さまも安心・安全に麻酔注射や抜歯ができるように、全身状態を常に適切な状態にコントロールします。