静脈内鎮静法(点滴無痛麻酔)とは?

静脈内鎮静法(点滴無痛麻酔)

寝ている間に 歯科治療が終わる!

静脈内鎮静法とは、点滴により麻酔薬を腕の静脈に投与し麻酔を行う方法です。
静脈内鎮静法を行っている状態では、うっすらと意識はありますが、ほとんど眠っているような状態になります。
治療に伴う不快な痛みや振動・音などがほぼ気にならず、快適に歯科治療を受けることができます。

※静脈内鎮静法は全身麻酔と異なって意識が完全になくなることはありませんので、通常の歯科麻酔(注射による局所麻酔)を併用して行います。

静脈内鎮静法を使用する場合、術中は全身管理を行う必要があります。
麻酔医が患者さまの心拍や血圧などのデータをリアルタイムで把握しながら治療を進めます。
使用する薬剤は身体に対し有害な作用はなく、極めて安全なものです。
全身麻酔は完全に意識がなくなりますが、静脈内鎮静法は問い掛けには反応でき、体の防御反射も保たれているので、安全性は高いという特徴があります。

※ただし、万が一の事態を想定するなら、静脈内鎮静法であっても全身麻酔も行える設備環境が整っている必要があります。

全身麻酔の設備環境について

このような患者さまにおすすめです!

ポイント1

歯科治療が本当に嫌いな方や、歯科治療中に具合の悪くなる方(歯科恐怖症)

ポイント2

外科手術(インプラント手術・ 親知らずの抜歯・歯周病の歯肉剥離術 etc.)を受ける方

ポイント3

短期間早く治療を終わらせたい方

ポイント4

嘔吐反射の強い方

ポイント5

とにかくあらゆる治療快適に受けられたい方

無痛・短期集中治療流れ

薬の量を調節することにより、軽く受け答えができる状態から完全に眠った状態まで麻酔の深さをコントロールすることができます。
当院では、より安全性を高めるため、脳波を調べる機械(BISモニター)とコンピューター制御による自動点滴麻酔注入器(TCI)を導入しています。
これらの機器により最適な薬の量を投与することができます。
そして、患者さまの心拍や血圧などのデータをリアルタイムで把握しながら治療を進めます。

1:カウンセリング

ウンセリング

ご要望をお伺いし、体調のチェックを行います。

2:点滴麻酔

滴麻酔

麻酔を開始します。

3:治療開始

療開始

麻酔が効いたら治療を開始。寝ている間に治療が終わります。

4:治療終了

療終了

個室のリカバリールームで意識がはっきりするまで休憩していただきます。

静脈内鎮静法の注意点

  • 薬に含まれている成分にアレルギーがある方には使用できない可能性があります。
  • 心臓・肝臓などに異常がある方には使用できない可能性があります。
  • 妊娠時、授乳時、小児には使用することができません。
  • 当日は麻酔前の飲食はお控えください。
  • 麻酔終了直後は頭がはっきりしないことがあるので、院内で十分休んでいただくか、ご家族もしくはお知り合いの方にお迎えにきてもらってください。
  • 麻酔終了後の痛みは、飲み薬にて対処いたします。