歯周病治療とは?

歯周病治療とは?

歯周病とは、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)に細菌が入り込むことでかかるお口の中の感染症です。

歯周病が進行すると、歯の土台となる歯槽骨や歯肉が細菌に侵され、歯ぐきが腫れる、歯がグラグラするなどの症状が出ます。
そして、最終的には歯が抜けてしまう恐ろしい病気なのです。

現在、日本人の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われており、歯を失う最も大きな原因ともなっています。
初期段階ではほとんど自覚症状がありませんので気づかないうちに進行し、重症化してしまうのです。

歯周病進行流れ

  • ステップ1

    初期

  • ステップ2

    軽度

  • ステップ3

    中度

  • ステップ4

    重度

こんな症状があったら歯周病かもしれません

歯周病のサイン?

  • 口の中がネバネバする
  • 口臭が気になる

気が付かないうちにいつの間にか・・・軽度の歯周病かも?

  • 歯磨きをした時に歯ぐきから出血する
  • 歯ぐきが赤く腫れている

普段の生活のなかで気になるくらいの症状!症状が進行してきた・・・中度の歯周病かも?

  • 歯と歯の隙間に食べ物がはさまりやすい
  • 硬い物を噛むと歯が痛い

わかってはいたけど放置していました・・・もはや重度の歯周病!?

  • 歯肉が退縮し歯がグラグラする
  • 歯ぐきから膿が出る

歯周病は若い方にも増えております。
早期発見、そして何よりも予防のためには、定期的な歯科検診が欠かせません。

歯周病にかかる原因

歯周病は下記の3つの要因によって発症します。
これらの原因を取り除いていくことで、歯周病を根本から治していきます。

ポイント1

口腔内の環境によるもの

口内の環境による歯周病の原因

歯垢は、毎日の歯磨きなどで取り除くことができますが、歯磨きの仕方が上手に磨けていないと、完全には取り切れていないことが多くあります。
歯垢は時間が経ってしまうと、歯磨きなどでは取り除けない硬い歯石に変化してしまいます。
歯周病予防においては、患者さま自身の日々の正しいブラッシングによる歯磨きが重要ですので、当院では歯科衛生士による正しいブラッシング指導(TBI)も行っております。
歯垢や歯石は歯科医院でのクリーニングで取り除くことができますので、定期的なメンテナンスをおすすめいたします。

ポイント2

歯にかかる力によるもの

歯にかかる力による歯周病の原因

咬み合わせが悪いなど、一部の歯に負担かかかっている場合、歯は磨耗しやすくなります。
歯は垂直な力には強いのですが、斜めや水平方向への力へは耐性があまりありません。
そのため不正咬合があると、歯が斜めに揺さぶられてしまい歯と歯ぐきの間の隙間が深くなります。
深くなった隙間に細菌が入り込むことで歯周病になってしまうのです。
他に、くいしばりや歯ぎしりなどによっても歯には大きな負荷がかかります。
これらは矯正治療や、仮歯を装着し歯間形態を整えることなどで改善していくことができますので、歯周病治療の初期治療として咬み合わせの治療を行う場合もあります。

ポイント3

生活習慣によるもの

生活習慣による歯周病の原因

糖尿病や高血圧、血液疾患などの持病がある方は体の抵抗力が落ちますので歯周病を発症しやすくなります。
また、食生活や喫煙の習慣も歯周病には大きく影響しています。
歯周病は感染症ですので、病気やストレス、睡眠不足など、体の抵抗力が落ちている時に感染してしまいます。
適度な運動や十分な睡眠で健康を保っていただくことも歯周病治療にとっては大切なことなのです。
当院では、生活習慣に関しましても、歯科医師や歯科衛生士の専門的な知識をもとに、患者さまにアドバイスとさせていただいております。

歯周病が全身に与える影響

歯周病はお口の中だけの病気ではなく、全身にも影響を及ぼします。

歯周病菌には血液を凝固させる作用があり、血液の流れとともに全身を巡ると血管の中に血栓ができ、心筋梗塞や心臓発作、脳梗塞などを引き起こす可能性もあります。

また、妊娠中の女性で歯周病の方は、そうでない方に比べて早産や低体重児出産の確率が高いことがわかっています。

上記のことからも、当院では歯周病治療を非常に重要なものと捉え、力を入れて取り組んでおります。

歯周病治療は歯の土台となる歯ぐきの治療です。
歯ぐきがしっかりしていなければ、いくら歯を治療しても長期的に歯を残していくことはできません。
歯周病治療はすべての歯の治療の基礎となる、とても大切な治療なのです。

あわせてチェック!

歯周病特設サイト