根管治療とは?

Root Canal Treatment

根管治療とは?

根管治療とは?

根管治療とは、いわゆる歯の根っこの治療のことです。

虫歯が悪化し、歯の神経が入っている管に細菌感染が起こると、この感染組織を除去するために神経を取り除く抜髄(ばつずい)と呼ばれる処置が必要となります。

また、根管内の治療を行ったときに細菌に汚染された組織が除去し切れていないなどが原因で根管の先端に膿が溜まってしまうことがあります。 この場合、再度根管内を無菌化する治療が必要となります。
これを感染根管(かんせんこんかん)処置といいます。
抜髄、感染根管処置の後には、根管を薬剤で封鎖する根管充填と呼ばれる処置を行います。
これら根管内の治療を根管治療といいます。

根管流れ

虫歯が歯髄まで感染した状態です。

神経が露出するところまで歯を削ります。

専門の器具で歯髄を完全に除去します。

無菌状態にした上で、神経の替わり薬を詰めます。

当院の精密根管治療特徴

根管治療は、いわば家を建てる際の「基礎工事」にあたるもっとも重要な処置です。
再発したり、根を痛めてしまうケースが非常に多い根管治療だからこそ、当院では高度な設備を揃え、時間と手間を惜しまずに、最善の根管治療をお約束します。

ポイント1

CTによる根管の診査・診断

CTとは、コンピューター断層撮影(computer tomography)を意味します。
CTがあれば、X線とコンピューターを使用し、根管の複雑な形態を3D立体画像で正確に把握することができます。

CTによる根管の検査・診断について
ポイント2

マイクロスコープによる精密な根管治療

マイクロスコープとは顕微鏡を意味します。
最大25倍の倍率肉眼では見えない部位を視覚化することができます。
このマイクロスコープによって、従来手探りだった根管治療の精度が劇的に向上しています。

マイクロスコープによる根幹治療について
ポイント3

ラバーダム防湿法による無菌的処置

ゴム状の膜で治療部位を覆い、細菌が根管に侵入するのを防ぎます。
完全無菌な理想的な衛生環境を作り出すことによって、治療の成功率は約90%まで高まります。

ラバーダム防湿法について
ポイント4

精度を最大限まで高めるために・・・根管治療専用機器

当院では根管内の細菌に汚染した組織を除去するための器具や根管内を洗浄する機器にもこだわりを持っています。
NiTiロータリーファイルや超音波チップを使用することでさらに精度の高い根管治療が実現します。