マイクロスコープによる根管治療

RCT with Microscope

マイクロスコープによる根管治療とは?

マイクロスコープによる根管治療とは?

マイクロスコープとは?

当院では、根管治療にマイクロスコープを使用しています。
マイクロスコープを使用することによって、複雑な根管内を通常の8~25倍の拡大率で視認することができ、細菌に感染した歯髄を取り切れていなかったり、逆に歯根の組織を除去し過ぎたりするリスクを軽減することができます。

アメリカでは、根管治療の専門医にマイクロスコープの導入義務があるほど、その必要性・有効性が認められていますが、日本では歯科医院全体の約2%程度しか普及していないのが現状です。

当院では患者さまにグローバルスタンダードな歯科治療をご提供するために、このマイクロスコープを使用した根管治療を行っています。

マイクロスコープによる根管治療の優位性

根管は非常に入り組んだ形態をしているため、その奥を肉眼で確認することは困難です。
従来根管治療は手探りによる感覚で根管の形態を判断していました。
それがマイクロスコープを使用することにより、狭くて暗い根管の奥まで視覚的に確認しながら治療を進めることができるようになっています。

  • 肉眼で見たとき
  • マイクロスコープでの拡大視野下で見たとき

マイクロスコープ/ルーペ/肉眼の比較表

視野を拡大する装置としてマイクロスコープ以外にはルーペと呼ばれるものがあります。
ルーペは眼鏡に装着する拡大鏡で稼働性が高いため、当院でも他の治療では頻繁に使用しています。
しかし、根管治療では根管に入ったヒビや穿孔(根管を突き破る穴)をも視覚的に確認できるマイクロスコープを使用することを必須としています。

拡大率光源・術野根管のヒビや穿孔(穴)

マイクロスコープ(顕微鏡)

3~25倍

標準で同軸光源
明るい

見える

ルーペ(拡大鏡)

2~5倍

オプションで同軸光源
明るい

見えない

肉眼

1倍

診療台のライト
暗い

見えない