オーラルプロポーションクリニック 歯科・矯正歯科・口腔外科

セラミック治療

Ceramic treatment

セラミックで
歯を白く美しく

無痛&短期間でセラミック治療が終わります

当院のセラミック治療は、人工歯にセラミックを用いたメタルフリーな治療です。

セラミックは陶器と同じ素材でできており、透明感のある自然な白さを再現することができます。もちろんお色味は患者様の理想に添うことができますので、人工的な真っ白さを再現することも可能です。
また、色味と同じように形にもこだわることができるので、前歯の傾きや出っ歯を治したいと考えている方にも最適な治療となります。

セラミック治療では見た目の審美的な側面が強調されがちですが、最も大事なことは身体に優しいという点です。
セラミック治療では人工歯、人工歯根共に金属を一切使用しません。完全メタルフリーな人工歯なので、金属によって生じる身体への影響(金属アレルギーや歯茎の黒ずみ)がありません。
また、素材の特性上経年劣化することがなく、清掃性が良く、虫歯になり難いといった特徴もあります。

セラミック治療メリット

  • 身体に優しいメタルフリーな素材

    セラミックは陶器と同じ素材でできています。金属を一切使用しないメタルフリーな素材なので、金属アレルギー等を引き起こすことがありません。

  • 治療跡が目立ちにくい

    透明感のある白く美しい素材なので、ご自身の歯の色味の再現性が高く、治療後も周囲の歯に馴染み、治療跡が目立ちません。

  • 細菌が付着しにくく、衛生的で虫歯の再発リスク低い

    セラミックは表面がツルツルとしているので歯石や歯垢といった虫歯の原因になる汚れが付着しにくく清掃性の良い状態を維持することができます。
    また、経年劣化で形が変わることがないので、被せ物や詰め物との間に隙間ができにくく、被せ物や詰め物の下で虫歯が再発することを防ぐことができます。

  • 長期間使用しても変色せず、透明感のある自然な白さを維持できる

    セラミックの他に、白い詰め物としてレジンという素材が用いられることがありますが、レジンはプラスチックになります。吸水性が良い素材なので割れやすく、経年劣化で黄色く変色してしまいますが、セラミックは変色することがないのでいつまでも透明感のある白い歯の状態を保つことができます。
    硬度も高く割れにくいので、審美的・機能的に優れた素材といえます。

  • 錆びたり、歯肉に色素が沈着することがありません

    銀歯をは経年劣化で腐食し、隙間ができることで虫歯が再発してしまうリスクが大きくなります。
    また、体内に溶け出した金属成分が金属アレルギーを引き起こしたり歯肉を黒く染めてしまう(メタルタトゥー)ことがあります。
    ラミックは腐食することがないので金属アレルギーや歯肉が黒ずむ心配がありません。

当院のセラミック治療特徴

  • 特徴1
    マイクロスコープ

    マイクロスコープ・ルーペによる精密な治療

    当院では肉眼の8~20倍まで拡大することのできるマイクロスコープやルーペを使用し、人工歯の縁(マージン)を高倍率で確認し、滑らかな境目を形成しています。
    歯質と人工の歯の境目に隙間ができていると、そこから細菌が侵入し、虫歯の原因となります。
    縁をガタガタにせず、滑らかにすることで、精度が高く隙間がない、細菌の侵入しにくい治療が行えます。

  • 特徴2
    無痛治療

    眠ったまま行う負担の少ない治療

    歯医者が怖い、痛みに弱い、歯科恐怖症がある、嘔吐反射あるなど、様々な理由で歯科治療をお受け頂けない患者様の為に、当院では静脈内鎮静法や全身麻酔といった腕から麻酔薬を注入する点滴麻酔によって、眠っている間に痛みや不快感なく治療を終える痛みを感じない治療を行っています。

  • 特徴3
    最短の治療計画をご提案

    最短の治療計画をご提案

    期間が決まっていることを前提に治療を進めますので、最短の治療計画をお出しし、治療終了までのご予約をまとめて取ることができます。
    また、技工物等の製作も最優先で進めるため、通常の技工物の納期よりも早く製作することが可能です。

  • 特徴4
    歯科技工所を併設

    歯科技工所を併設する色や形へのこだわり

    当院は患者様の人工歯の色や形にこだわり、ご満足いただけるものをご提供するため、院内に歯科技工所を併設しています。
    歯科技工士が常駐しているのでデザイナーに直接要望を伝えることができるかのように、オーダーメードの人工歯製作が可能です。

審美的なセラミック治療

被せ物を白い歯にしたい

セラミッククラウン
セラミッククラウン
白く美しい被せ物

虫歯が大きいときには人工の歯を被せる必要があります。 この人工の歯をクラウンと呼びます。
保険診療では、前歯6本には金属の裏打ちにプラスチックを貼り付けた硬質レジン前装冠を、臼歯にはパラジウムクラウンー通常“「銀歯」を使用することになっています。
強度面が劣りますが、ジャケット冠と呼ばれるプラスチックのみで作られたクラウンもあります。
プラスチックは、時間の経過とともに黄色く変色し、金属を使用したクラウンは劣化・変形し、ときにはブラックマージンが発生します。
ブラックマージンとは歯と歯ぐきの間から金属が見え、歯ぐきの縁に黒いラインができてしまう状態です。
プラスチックや金属は細菌が付着しやすいため、虫歯の再発リスクも高くなります。
これに対して、審美性が高く、虫歯の再発リスクも低い歯冠修復材料が「セラミック」です。
光を透過し、光沢のある質感で非常に美しく、変形したり錆びたりすることのない体に優しい素材です。

詰め物を白い歯にしたい

セラミックインレー
セラミックインレー
虫歯になりにくい詰め物

歯の神経まで到達していない比較的小さい虫歯の場合、虫歯を削った後に詰め物で削った箇所を補います。
この詰め物のことをインレーと呼びます。
保険診療では金属で作られた銀歯を使用しますが、世界的に銀歯を使用している国は非常に珍しいと言われています。
世界的にも一般的に使用される歯冠修復材料ーそれは「セラミック」です。セラミックは、審美性が高いだけでなく、虫歯再発リスクの低い、非常に優れた素材です。

前歯の色・形を美しくしたい

ラミネートべニア
ラミネートべニア
ホワイトニングで満足できない方に

ラミネートべニアとは、歯の表面を薄く削って、セラミックで製作した薄いシェルを歯に貼り付ける治療法です。
「歯の色をもっと白く」「歯の形を整えたい」「すきっ歯を治したい」といった要望にお応えすることができます。
同様の目的で行われるセラミック矯正に比べ、天然の歯を削る量が少なく、治療回数も少ないため、それほど歯並びが悪くない方にはラミネートベニアがオススメです。

短期間で歯並びをキレイにしたい

セラミック矯正
セラミック矯正
短期間で歯並びを治す

セラミック矯正とは、出っ歯やすきっ歯、でこぼこしている等気になる前歯に対して、セラミッククラウンを被せることで歯並びが整って見えるようにする治療方法です。
通常の矯正治療では歯並びが整うまで1年以上の期間を要しますが、セラミック矯正では短期間の通院で歯並びを整えることができます。
また、セラミッククラウンを使用することで透明感のある白い歯にすることができます。
通常の矯正治療では歯の色までは変えることができないので、歯並びを整えながら歯を白く美しくしたいと考えている方には最適の治療となります。

前歯の差し歯をキレイな歯にしたい

セラミッククラウン

大きく歯が傾いていたりでこぼこしている場合は歯の形を変える必要があります。その場合、セラミッククラウンを使用します。
保険の差し歯を自費の差し歯に変えたい場合もこちらの治療になります。

虫歯を目立たないように治したい

ダイレクトボンディング
ダイレクトボンディング
治療跡を目立たず治す

ダイレクトボンディングとは、セラミックに近い審美性を持つハイブリッドセラミック(プラスチックとセラミックを混ぜたもの)を直接歯に盛り付け、硬化させる治療法です。
当院では、グラディアダイレクトというダイレクトボンディング用ハイブリッドセラミックを使用します。
この素材は色彩の選択肢が多く、透明感や光沢のある質感が美しく、変色も少ない優れた素材です。
直接歯に盛り付けていくため、歯の型取りを行う必要がなく、治療回数も少なくすることができます。
隙っ歯の審美的改善や、変色したレジン樹脂の取り替え、小さな虫歯を目立たずに治療したいケースなどで適用となります。

銀歯のデメリット

銀歯のデメリットとは

銀歯には、『虫歯の再発』『金属アレルギーの発症』『噛み合わせの悪化』『歯肉の黒ずみ』といった様々なデメリットがあります。

一般的な歯科治療で多く用いられる「銀歯」ですが、その素材は純銀ではなく銀パラジウム合金、アマルガムといった複数の金属素材が使用されています。
日本では主流な被せ物・詰め物の素材ですが、世界的にみると使用されている国は少なく、ドイツでは使用が禁止されている素材です。

銀歯による虫歯の再発
銀歯の腐食
経年劣化による銀歯の腐食

銀歯は経年劣化で腐食・変形してしまいます。そのことによって歯と被せ物や詰め物の間に隙間ができ、そこから虫歯の原因菌が侵入することによって虫歯が再発してしまいます。
成人の歯科治療の約80%は過去に治療を行った部分の再治療であると言われているほど虫歯の再発リスクは高く、特に神経を取ってしまっている歯に関しては痛みが出ず、重症化してしまうことも多くあります。

銀歯による金属アレルギー
銀歯による金属アレルギー
銀歯による金属アレルギーの主症状

銀歯は金属なので経年劣化で金属成分が体内に溶け出し、蓄積されてしまいます。
その成分に対し免疫反応が過剰に反応することにより、アレルギー反応が引き起こされることがあります。
銀歯による金属アレルギーは口内炎や歯肉炎、舌炎など口腔内の症状だけでなく、口の周りや背中、手や足など、全身の皮膚に湿疹などの炎症が現れることもあります。
全身症状になると、原因の特定が遅れ、適切な治療をお受け頂くまでに時間がかかってしまう場合もあります。

銀歯による歯肉の黒ずみ
ブラックマージン
銀歯によるブラックマージン

経年劣化により銀歯の金属成分が溶け出し、歯肉に蓄積されると歯肉が黒ずんでしまうメタルタトゥーという症状が引き起こされることがあります。この症状になると自然に健康的な歯肉の色に戻ることできず、歯肉を切除する外科的処置が必要になります。
また、差し歯などの根本が黒く見えてしまうブラックマージンという症状が起きることがあります。
保険で行った金属の上にレジンを張り付けているような差し歯ですとこのブラックマージンが目立ちやすくなります。

無痛・短期集中治療

当院では点滴麻酔による静脈内鎮静法や全身麻酔による歯科治療を行っております。
歯科が苦手な方や、通院回数を少なくして短期間に治療を終わらせたいと考えている方に最適な麻酔方法になります。

無痛治療について

歯科恐怖症、嘔吐反射がある、音や痛みが怖いなど、歯科医院に通えずに症状が悪化してお困りの場合、当院では点滴麻酔による眠っている間に不快感なく終わる無痛治療をご提案しています。
静脈内鎮静法は点滴麻酔によってウトウトとした状態の中で治療を行っていきます。局部麻酔だけの場合、万が一麻酔の効果が切れてしまうと痛みを感じ、麻酔薬を足す作業が発生しますが、静脈内鎮静法ではそういった痛みを感じることがありません。
また、健忘作用があるので、治療が終わった後も、治療中の不快感を覚えていることがありません。

短期集中治療について

当院では1回の治療時間を長くお取りすることによって、通院回数を少なく、短期間に治療を終えることのできる短期集中治療を行っております。
通常のセラミック治療の場合、治療完了まで約3週間前後必要となりますが、短期集中治療なら最短1日、平均でも1週間前後で治療を終えることができます。
詳しくは短期集中治療の関してのページをご覧ください。

セラミック治療流れ

  • 初診ご予約

    ●初診ご予約

    予約

    当院は完全予約制になっております。
    お電話、またはWEB予約フォーム、24時間WEB予約のどれかから、お好きな方法でご予約ください。

  • 初診時

    ●ご来院

    問診票等のご記入をお願いしております。
    ご予約時間の15分程度前にご来院頂けるとスムーズにご案内できます。

    ●診査・診断

    カウンセリング

    ご記入いただきました問診票を基に歯科医師がカウンセリングをさせて頂きます。
    患者様の理想に近い治療を行っていくために、しっかりとご希望を把握させて頂くことが大切になります。どんなことでもご相談ください。
    カウンセリングが終わりましたら、お口の中の状態を把握するため、レントゲンやCTを撮影させていただきます。
    どこの治療をどのように始めていくかといった治療計画を立てるために、お口の中を拝見させていただき、少し触らせて頂くこともございます。
    削ったりといったことは行いませんのでご安心ください。

    ●お見積りのお渡し

    診査・診断などが終わった段階で、患者様の歯の状態からどのように治療を進めていくのかといった治療計画とお見積りをお出しいたします。
    お見積りはお持ち帰りいただき、しっかりとご検討していただけます。
    初診時に治療をご希望の場合はそのまま治療を行っていきます。

  • 治療開始:1回目

    ●歯型の採取

    仮歯やワックスアップを行うために、現在の歯型の採取を行っていきます。
    ご自身の理想とする歯並びや歯の形、色味などがある場合はこの時にしっかりと歯科医師にお伝えください。
    「こうなりたい」という理想がはっきりされている方は、お写真などをお持ちいただいても構いません。
    患者様のご希望がある場合、歯科医師が必要だと判断した場合はワックスアップを作成していきます。

  • 通院2回目(省略する場合もあります)

    ●ワックスアップの作成

    患者様の理想的な歯をシュミレーションするための模型をワックスアップと言います。
    ご自身の歯型に蝋を盛ることで、歯の形を再現ししていきます。
    患者様の思い描いていらっしゃる理想と、歯科医師が考えている理想的な歯並びや歯の形には隔たりがある場合があります。 ワックスアップはそういった隔たりを埋めるために、患者様にも出来上がりの歯並びや歯の形のイメージを持って頂くために大切な作業です。
    こだわりが強い方、ご自身の理想がはっきりある方はワックスアップをご希望されることをお勧めしています。

  • 通院3回目

    ●仮歯の装着

    1回目の型取り後、またはワックスアップ模型をご確認後問題がない場合は、仮歯を作成します。患部の歯を削り、仮歯を装着します。

  • 通院4回目

    ●適合のチェック

    出来上がった人工歯を歯に仮装着し、色味や形、噛み合わせなどを確認します。
    患者様ご自身にも状態を確認して頂き、ご要望をお聞きします。色味等でご不満点などがありましたらご相談ください。特に問題がない場合は、作成された人工歯をご自身の歯に仮装着して数日様子を見て頂きますが、状況によっては仮装着しない場合もあります。

  • 治療終了:通院5回目

    ●本装着

    仮装着の段階で噛み合わせなどに問題がなかった場合は、患者様の歯に本装着していきます。 本装着してからの色味や形の調整は出来かねますので、気になる点がある場合は本装着前にご相談ください。
    セラミックには3年の保証が付きます。
    3ヵ月に1回程メンテナンスに通って頂く必要がございます。

※治療期間は目安です。患者様の口腔内の状態により前後します。
※短期間での治療をご希望の場合は1回の治療時間を長くとり、進めていきますので、基本的には治療回数を減らすことができます。

セラミック治療料金

かぶせもの

セラミッククラウン
 料金(税別)/1歯
色・形こだわりプラン
(オールセラミック・ジルコニアセラミック)
¥150,000
形こだわりプラン
(オールセラミック・ジルコニアセラミック)
¥120,000
奥歯プラン
(オールジルコニア)
¥90,000
  • 根管治療が必要な場合には、別途根管治療の治療費が必要となります。
  • 神経がない歯や歯の向きを大きく変える場合には、別途ファイバーコア(¥20,000)の治療費が必要となります。
ラミネートべニア
 料金(税別)/1歯
オールセラミック¥120,000
オールジルコニア¥90,000
削らないラミネートべニア
 料金(税別)/1歯
オールセラミック¥120,000
オールジルコニア¥90,000

注意点(リスク・副作用)

  • 金属と違い、薄く延ばせる素材ではないため、銀歯に比べて歯を削る範囲が大きくなります。
  • 自由診療(保険適用外)となるため、銀歯に比べて費用が高額になります。

つめもの

インレー
 料金(税別)/1歯
ジルコニア¥40,000
オールセラミック¥40,000
ダイレクトボンディング
 料金(税別)/1歯
隣接面¥30,000
咬合面¥20,000
歯頸部¥10,000

注意点(リスク・副作用)

  • 金属と違い、薄く延ばせる素材ではないため、銀歯に比べて歯を削る範囲が大きくなります。
  • 自由診療(保険適用外)となるため、銀歯に比べて費用が高額になります。

歯並び(セラミック矯正)

4本セット
 料金(税別)
ジルコニアセラミック¥600,000
オールセラミック¥480,000
オールジルコニア¥360,000
6本セット
 料金(税別)
ジルコニアセラミック¥900,000
オールセラミック¥720,000
オールジルコニア¥540,000

注意点(リスク・副作用)

  • 健康な歯を削る必要があり、歯並びによっては神経の治療が必要な場合があります。
  • 歯並びを大きく変える場合は適応できない場合があります。
  • 自由診療(保険適用外)となるため、銀歯に比べて費用が高額になります。