オーラルプロポーションクリニック 歯科・矯正歯科・口腔外科

銀歯を白い歯に

Beautiful Alignment of Teeth

銀歯を美しい白い歯
セラミックに変える

セラミックは銀歯に代わるメタルフリーで身体に優しい白い素材です。
詰め物や被せ物治療で一般的に使用されている銀歯は、世界レベルで見ると過去の治療法となっています。
世界的にもっとも一般的な素材、それはが「セラミック」です。

時間の経過とともに劣化したり、変形したりすることがないセラミックなら、見た目の違いも歴然です。
しかも、虫歯の再発リスクも少なく、金属アレルギーの心配もありません。 また、セラミックは白く透明感がある素材なので、ご自身の歯の色味から、真っ白な歯まで様々な人工歯を再現することができます。

セラミックメリット

  • メタルフリーで身体に優しい

    銀歯のように銀や銅など体に蓄積すると害になるような素材を一切使用していません。
    金属を使用していないので金属アレルギーになることがありません。また、金属同士が触れることにより発生するガルバニー電流などが起こることもありません。

  • 歯肉の黒ずみ(メタルタトゥー)が起こらない

    歯肉が黒ずんで見える症状をメタルタトゥーと言います。この症状は、銀歯の金属成分が溶け出し、歯肉に蓄積することによっておこりますが、セラミックではそういった成分を一切使用していないので黒ずみが起こることがありません。

  • 歯石・歯垢が付きにくく、虫歯の再発リスクを抑制できる

    セラミックは陶器と同じ素材でできており、表面がツルツルとしていて歯石や歯垢が付きにくい状態になっていて、清掃性の良い素材です。
    また、金属は経年劣化で腐食し、歯と被せ物の間に隙間ができてしまいますが、セラミックは変形が起こることがないので、被せ物の下で進行する虫歯の再発リスクを少なくすることができます。

  • 長期間白さを維持できる

    セラミックは変色が起こらない素材です。そのためいつまでも透明感のある白い歯の色味を維持することができます。

銀歯の被せ物
セラミック変える

セラミッククラウンの種類

ジルコニアセラミッククラウン
ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウンとは、白い人工ダイヤモンド「ジルコニア」の裏打ちにセラミックを盛り付けた被せものです。 (ジルコニアも厳密にはセラミックの一種です。)
変色せず、透明感のある抜群の美しさとともに、金属と同等の強度を兼ね備えた、審美性・機能性に優れた治療法になります。

オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンとは、クラウン全体が全てセラミックでできている被せものです。
強度はジルコニアよりも劣りますが、同等の審美性を誇るクラウンです。透明感が高いため、場合によってはジルコニアセラミッククラウンよりも高い審美性を実現できるケースもあります。

オールジルコニアクラウン
オールジルコニアクラウン

オールジルコニアクラウンとは、全てジルコニアでできた被せものです。強度が高く、色彩の再現性が低いため、主に臼歯部に使用します。

セラミッククラウンの症例

金属を白く美しいセラミックに

こちらの患者さまは、金属の詰めもの、被せものを白い歯にしたいとのご希望でご来院されました。
オールセラミックインレーとオールセラミッククラウンに入れ替え、審美性を改善しました。

金属をセラミッククラウンに変える治療前
金属をセラミッククラウンに変える治療後
治療期間
  • 10日(通院2回)
通院回数
  • 2回
費用
  • オールセラミッククラウン : 15万円×1歯
  • オールセラミックインレー : 6万円×1歯

※表示料金は2019年10月の料金となります

銀歯の詰め物を
セラミック変える

セラミックインレーの種類

ジルコニアインレー

ジルコニアインレーは、人工ダイヤモンドであるジルコニアでできたインレーです。 非常に強度が高いのが特徴です。
また、オールセラミックインレー同様、白く美しく、細菌の付着しにくい性質を持っています。

オールセラミックインレー

透明感と光沢のある質感が美しいオールセラミックインレーは、自然な美しさだけでなく、体に優しい歯冠修復素材です。

セラミックインレーの症例

金属を白く美しいセラミックに

こちらの患者さまは、治療跡の金属が気になるとの主訴でご来院されました。
5カ所の金属の詰めものを全てジルコニアインレーに入れ替え、審美性を改善しました。

金属をセラミックインレーに変える治療前
金属をセラミックインレーに変える治療後
治療期間
  • 8日(通院2回)
費用
  • ジルコニアインレー : 7万円×5歯

※表示料金は2019年10月の料金となります

銀歯のデメリット

銀歯のデメリットとは

銀歯には、『虫歯の再発』『金属アレルギーの発症』『噛み合わせの悪化』『歯肉の黒ずみ』といった様々なデメリットがあります。

一般的な歯科治療で多く用いられる「銀歯」ですが、その素材は純銀ではなく銀パラジウム合金、アマルガムといった複数の金属素材が使用されています。
日本では主流な被せ物・詰め物の素材ですが、世界的にみると使用されている国は少なく、ドイツでは使用が禁止されている素材です。

銀歯による虫歯の再発
銀歯の腐食
経年劣化による銀歯の腐食

銀歯は経年劣化で腐食・変形してしまいます。そのことによって歯と被せ物や詰め物の間に隙間ができ、そこから虫歯の原因菌が侵入することによって虫歯が再発してしまいます。
成人の歯科治療の約80%は過去に治療を行った部分の再治療であると言われているほど虫歯の再発リスクは高く、特に神経を取ってしまっている歯に関しては痛みが出ず、重症化してしまうことも多くあります。

銀歯による金属アレルギー
銀歯による金属アレルギー
銀歯による金属アレルギーの主症状

銀歯は金属なので経年劣化で金属成分が体内に溶け出し、蓄積されてしまいます。
その成分に対し免疫反応が過剰に反応することにより、アレルギー反応が引き起こされることがあります。
銀歯による金属アレルギーは口内炎や歯肉炎、舌炎など口腔内の症状だけでなく、口の周りや背中、手や足など、全身の皮膚に湿疹などの炎症が現れることもあります。
全身症状になると、原因の特定が遅れ、適切な治療をお受け頂くまでに時間がかかってしまう場合もあります。

銀歯による歯肉の黒ずみ
ブラックマージン
銀歯によるブラックマージン

経年劣化により銀歯の金属成分が溶け出し、歯肉に蓄積されると歯肉が黒ずんでしまうメタルタトゥーという症状が引き起こされることがあります。この症状になると自然に健康的な歯肉の色に戻ることできず、歯肉を切除する外科的処置が必要になります。
また、差し歯などの根本が黒く見えてしまうブラックマージンという症状が起きることがあります。
保険で行った金属の上にレジンを張り付けているような差し歯ですとこのブラックマージンが目立ちやすくなります。

無痛・短期集中治療

当院では点滴麻酔による静脈内鎮静法や全身麻酔による歯科治療を行っております。
歯科が苦手な方や、通院回数を少なくして短期間に治療を終わらせたいと考えている方に最適な麻酔方法になります。

無痛治療について

歯科恐怖症、嘔吐反射がある、音や痛みが怖いなど、歯科医院に通えずに症状が悪化してお困りの場合、当院では点滴麻酔による眠っている間に不快感なく終わる無痛治療をご提案しています。
静脈内鎮静法は点滴麻酔によってウトウトとした状態の中で治療を行っていきます。局部麻酔だけの場合、万が一麻酔の効果が切れてしまうと痛みを感じ、麻酔薬を足す作業が発生しますが、静脈内鎮静法ではそういった痛みを感じることがありません。
また、健忘作用があるので、治療が終わった後も、治療中の不快感を覚えていることがありません。

短期集中治療について

当院では1回の治療時間を長くお取りすることによって、通院回数を少なく、短期間に治療を終えることのできる短期集中治療を行っております。
通常のセラミック治療の場合、治療完了まで約3週間前後必要となりますが、短期集中治療なら最短1日、平均でも1週間前後で治療を終えることができます。
詳しくは短期集中治療の関してのページをご覧ください。

セラミッククラウン・インレーに関するご質問

メタルフリーとはなんですか?

金属素材を一切使用しないということです。
セラミッククラウンやセラミックインレーはセラミックという陶器と同じ素材でできており、金属を一切使用していません。
金属を使用しないことで金属アレルギーを発症する心配がなくなります。
また、銀歯のように経年劣化で体内に溶け出すことがなく隙間ができにくいので、被せ物や詰め物の下で虫歯が再発するリスクを軽減することができます。

セラミックは変色しませんか?

セラミックは変色しませんが、そのためホワイトニングも効かない状態になります
後々ホワイトニングをする予定のある方は、セラミック治療を行う前にホワイトニングを行い、白くした後、周囲の歯の色味とセラミックの色味を合わせる必要があります。

セラミッククラウン・インレー料金

かぶせもの

セラミッククラウン
 料金(税別)/1歯
色・形こだわりプラン
(オールセラミック・ジルコニアセラミック)
¥150,000
形こだわりプラン
(オールセラミック・ジルコニアセラミック)
¥120,000
奥歯プラン
(オールジルコニア)
¥90,000
  • 根管治療が必要な場合には、別途根管治療の治療費が必要となります。
  • 神経がない歯や歯の向きを大きく変える場合には、別途ファイバーコア(¥20,000)の治療費が必要となります。

注意点(リスク・副作用)

  • 金属と違い、薄く延ばせる素材ではないため、銀歯に比べて歯を削る範囲が大きくなります。
  • 自由診療(保険適用外)となるため、銀歯に比べて費用が高額になります。

つめもの

セラミックインレー
 料金(税別)/1歯
ジルコニア¥40,000
オールセラミック¥40,000

注意点(リスク・副作用)

  • 金属と違い、薄く延ばせる素材ではないため、銀歯に比べて歯を削る範囲が大きくなります。
  • 自由診療(保険適用外)となるため、銀歯に比べて費用が高額になります。