オーラルプロポーションクリニック 歯科・矯正歯科・口腔外科

入れ歯治療

Denture

しっかり噛めて
思いっきり笑える

ステーキや漬け物、美味しく噛めていますか?
入れ歯を気にせず、思いっ切り笑えていますか?
入れ歯が外れやすい、痛いといったご不便はありませんか?

歯があったころのお口の中を忠実に再現できる総入れ歯である審美義歯のBPSデンチャー。
テレスコープやマグネットデンチャーといった残った歯にも負担の少ない部分入れ歯。
患者様の口腔内の状態に合わせて様々な入れ歯をご用意しています。

入れ歯とは

入れ歯は、失った歯を補う治療法です。
虫歯や歯周病、事故など、歯を失う理由は様々ですが、失った歯をそのままにしておいてはいけないという点は共通しています。
歯は、開いている部分に移動してしまうという性質を持っています。部分的に歯を失った場合、開いている部分に歯が移動し、噛み合わせや悪くなってしまます。
また、全顎的に歯がない状態を放っておくと顎の骨が痩せてしまい、入れ歯を作ってもしっかり噛めないことがあります。
歯を失ってしまったら、そのままにせず、治療を行うことが大切です。

入れ歯の種類

総入れ歯
総入れ歯

総入れ歯は歯を全て失ってしまった方の治療法です。
床(しょう)と呼ばれる歯肉を再現したピンク色の土台に人工歯を並べ、それを歯肉に被せるようにして装着します。取り外して洗うことができるので、清潔性を保てます。

部分入れ歯
部分入れ歯

部分入れ歯は一部の歯を失ってしまった場合の治療法です。 残っている隣接した歯に金属のバネをひっかけるようにして部分入れ歯を固定します。

入れ歯と従来の治療法の違い

歯を失った場合の治療の選択肢は3つあります。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご自身の歯の状態に合わせてご選択いただくことが大切になります。

歯を1本失った場合

ブリッジ
左右の歯を支えに欠損部分を埋める
左右の歯を支えに欠損部分を埋める

ブリッジとは、欠損部の両隣りの歯を削り、そこに3つの連なった人工の歯を被せるという治療法です。
この治療法では、本来3本の歯で維持する必要がある噛む力を2本の歯で維持しなくてはならず、土台となる隣在歯に非常に大きな負荷をかけてしまいます。
また、歯を失った部分の骨が痩せてしまうことがあります。

インプラント
骨にしっかりと固定
骨にしっかりと固定

インプラントの場合、健康な歯を削る必要はありません。欠損部分にインプラントを埋め込むので両隣の歯に負担をかけることなく、機能性・審美性を回復させることができます。
顎の骨が痩せることを防ぎ、自分の歯のようにしっかり噛むことができます。
インプラント治療は、他の歯を守る予防的な意味合いでも理想的な治療法です。

歯を数本失った場合

部分入れ歯
部分入れ歯
部分入れ歯

歯を数本失った場合は隣接する歯を支えにし、部分的な入れ歯を入れる方法があります。
インプラントに比べて噛む力が小さくなることがありますが、手術を必要としないので、お身体への負担を少なく治療することができます。
また、取り外しを行うことができるので清掃性も良く、メンテナンスに手間がかかりません。

インプラント
インプラント
インプラント

インプラントの場合には、機能性・審美性を回復できるだけでなく、隣在歯の寿命を短くしたり、口腔内の衛生環境を悪化させることなく、天然の歯と同様に噛むことができます。
複数本の歯を失った場合でも、数本のインプラントを支台にしたブリッジが可能なケースがあります。当院では、患者様の身体的、経済的な負担を少しで軽減できるように、可能な限り最小の治療を行っています。

全ての歯を失った場合

総入れ歯
総入れ歯

総入れ歯は短期間で治療を完了することができます。また、ご自身の歯の様に審美性に優れたBPSデンチャーを作成することができます。 手術を必要としないので、手術が怖い、体力的に不安がある方には最適な治療法です。

オールオン4(インプラント)
オールオン4(インプラント)
オールオン4(インプラント)

オールオン4は、全ての歯を失った場合、4~6本のインプラントで全ての人工歯を支える治療法です。
従来は全顎をインプラントで治療する場合、おおよそ8~10本のインプラントを埋入し、全顎のブリッジを装着するという治療法が一般的でした。 それに対して、この4~6本のインプラントで全ての人工の歯を支える治療法では、埋入本数を少なくすることができ、患者さまの身体的・経済的な負担を軽減することが可能となっています。

インプラントオーバーデンチャー(インプラント)
インプラントオーバーデンチャー(インプラント)
インプラントオーバーデンチャー(インプラント)

オールオン4よりも経済性を重視する治療法にインプラントオーバーデンチャーという方法があります。
これは、2~4本のインプラントで義歯(入れ歯)を固定する治療法で、通常の義歯(入れ歯)よりも外れたり、ズレたりすることがなく、快適に食事や会話ができる、インプラントを併用した義歯(入れ歯)治療です。

入れ歯治療流れ

  • 初診ご予約

    ●初診ご予約

    予約

    当院は完全予約制になっております。
    お電話、またはWEB予約フォーム、24時間WEB予約のどれかから、お好きな方法でご予約ください。

  • 初診時

    ●ご来院

    問診票等のご記入をお願いしております。
    ご予約時間の15分程度前にご来院頂けるとスムーズにご案内できます。

    ●診査・診断

    ご記入いただきました問診票を基に歯科医師がカウンセリングをさせて頂きます。
    患者様の理想に近い治療を行っていくために、しっかりとご希望を把握させて頂くことが大切になります。どんなことでもご相談ください。
    カウンセリングが終わりましたら、お口の中の状態を把握するため、レントゲンやCTを撮影させていただきます。
    どこの治療をどのように始めていくかといった治療計画を立てるために、お口の中を拝見させていただき、少し触らせて頂くこともございます。
    削ったりといったことは行いませんのでご安心ください。

    ●お見積りのお渡し

    診査・診断などが終わった段階で、患者様の歯の状態からどのように治療を進めていくのかといった治療計画とお見積りをお出しいたします。
    お見積りはお持ち帰りいただき、しっかりとご検討していただけます。
    初診時に治療をご希望の場合はそのまま治療を行っていきます。

  • 治療開始:1回目

    ●個人トレー作成

    入れ歯治療では最初に簡易的な型取りを行います。 既成のトレーを用いて型取り(概形印象採得)を行い、その型をもとに患者さまのお口に合わせた専用の型どり用トレー(個人トレー)を作ります。

  • 通院2回目

    ●精密機能印象&咬合採得

    個人トレーを用いて、より精密な型取り(精密機能印象)を行います。
    この型をもとに、プラスチックの床とその上にロウを盛った咬合床と呼ばれるパーツを作製します。このロウを熱で軟らかくした上で咬み合わせを採っていきます。

  • 通院3回目

    ●人工歯配列&試適

    咬合器に咬合床をセットし、人工歯を並べていきます。人工歯の色や形は患者さまのご希望をお伺いします。
    人工歯を並べた状態でお口の中に装着します。この段階の入れ歯(蝋義歯)は、ピンクの歯肉の部分は熱で柔らかくなるロウでできているため、必要に応じて歯科医師、歯科技工士が修正・調整を行います。

  • 治療終了

    ●入れ歯の装着

    完成した入れ歯を装着頂き、違和感などがない場合は治療終了となります。

※治療期間は目安です。患者様の口腔内の状態により前後します。

入れ歯料金

総入れ歯

 料金(税別)/片顎
治療用義歯¥150,000
BPSデンチャー¥400,000

注意点(リスク・副作用)

  • 保険適用外(自由診療)となります。

部分入れ歯

テレスコープ義歯
 料金(税別)/1歯
内外冠¥200,000
義歯床¥100,000
ノンクラスプ
 料金(税別)
1歯¥80,000
2歯¥120,000
ウェルデンツ
 料金(税別)
1歯¥80,000
2歯¥120,000

注意点(リスク・副作用)

  • 保険適用外(自由診療)となります。