オーラルプロポーションクリニック 歯科・矯正歯科・口腔外科

インプラント

Implant

失った歯の審美性
機能性を取り戻す
インプラント

インプラント治療とは、歯が欠損した部位に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。
歯がない部位がある方、歯が抜けてしまった方、抜歯が必要な方、全く歯がない方まで、全ての方がインプラント治療の適応となります。

インプラント治療は、ブリッジや部分入れ歯のように隣接した歯に負担をかけることがなく、また、総入れ歯のように顎の骨が退縮することもない、優れた治療法です。
ご自身の歯の様にしっかり噛むことができ、ずれたり外れたりすることのないインプラント治療で、失った歯の機能を取り戻しませんか?

  

インプラントとは

インプラントのメカニズム

2ピースタイプのインプラント

インプラントは骨に埋め込むフィクスチャー(人工歯根)と、人工歯(セラミッククラウン等)アバットメント(土台)で繋いでいます。
所謂インプラントとは、フィクスチャーとアバットメント部分のことを言います。
インプラント体はフィクスチャーとアバットメントが一体化している1ピースタイプのものと、分離している2ピースタイプのものがあります。

1ピースと2ピースタイプの違い

1ピースタイプの物は、アバットメントとフィクスチャーが一体化している分、費用を抑えることが来ます。また、手術が1回で終わるので、患者様の身体的なご負担が少ないというメリットがあります。しかしながらこの1ピースタイプの物はどんな症例でも適応できるわけではないので、患者様によっては使用できない場合があります。
また、アバットメント部分に何かトラブルがあった場合、全体を除去しなければならないというデメリットがあります。

一方、2ピースタイプのものはほとんどの症例に適応させることができます。手術の回数も1回法と2回法を選択することができるので、骨移植を行い、インプラントの状態を安定させる必要のある患者様にも適応することが可能です。
当院では様々な観点から2ピースタイプのものを使用しています。

インプラントのメリット

  • 自分の歯のようにしっかり噛める

    インプラントは顎の骨にしっかりと埋め込まれているのでぐらつきなどがなく、硬い物も自分の歯のようにしっかり噛むことができます。
    入れ歯が合わなくてお悩みの方、部分入れ歯の噛み心地に満足できない方は、入れ歯をインプラントにすることが可能です。

  • 隣接歯に負担が少ない

    インプラントはブリッジなどと違い、周囲の健康な歯を削る必要がありません。
    インプラント1歯1歯が自立しているので、周囲の歯に負担をかけることがなく、残存歯を大切にすることができます。

  • 審美的に美しい

    入れ歯やブリッジに比べ、人工歯の再現性が高いので、残存歯との見た目の調和がとれ、審美的に美しい状態を保つことができます。

インプラントと従来の治療法の違い

歯を失った場合の治療の選択肢は3つあります。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご自身の歯の状態に合わせてご選択いただくことが大切になります。

歯を1本失った場合

両隣の歯を削って被せるブリッジ
両隣の歯を削って被せるブリッジ

ブリッジとは、欠損部の両隣りの歯を削り、そこに3つの連なった人工の歯を被せるという治療法です。
この治療法では、本来3本の歯で維持する必要がある噛む力を2本の歯で維持しなくてはならず、土台となる隣在歯に非常に大きな負荷をかけてしまいます。
また、歯を失った部分の骨が痩せてしまうことがあります。

骨にしっかり埋め込んで固定するインプラント
骨にしっかり埋め込んで固定するインプラント

インプラントの場合、健康な歯を削る必要はありません。欠損部分にインプラントを埋め込むので両隣の歯に負担をかけることなく、機能性・審美性を回復させることができます。
顎の骨が痩せることを防ぎ、自分の歯のようにしっかり噛むことができます。
インプラント治療は、他の歯を守る予防的な意味合いでも理想的な治療法です。

歯を数本失った場合

両隣の歯をバネで固定する部分入れ歯
両隣の歯をバネで固定する部分入れ歯

歯を数本失った場合の部分入れ歯は、欠損部分の人工の歯を支えるために、左右両側にクラスプ(金属の留め具)を使用することが多くなります。 このような治療は、審美性が損なわれ、入れ歯を支える歯に負担をかけるだけでなく、口腔内全体の清掃性が悪くなるため、細菌が付着しやすく、虫歯や歯周病を引き起こす原因となります。
また、残念なことに噛む力は歯があったころの数分の1程度になってしまいます。

インプラントで複数の人工歯を固定する
インプラントで複数の人工歯を固定する

インプラントの場合には、機能性・審美性を回復できるだけでなく、隣在歯の寿命を短くしたり、口腔内の衛生環境を悪化させることなく、天然の歯と同様に噛むことができます。
複数本の歯を失った場合でも、数本のインプラントを支台にしたブリッジが可能なケースがあります。当院では、患者様の身体的、経済的な負担を少しで軽減できるように、可能な限り最小の治療を行っています。

全ての歯を失った場合

総入れ歯
一般的な治療法

総入れ歯は短期間で治療を完了するメリットがある一方で、外れやすい、違和感がある、しっかり噛むことができないといったお悩みをお持ちの方が多くいらっしゃいます。
また、使用しているうちに顎の骨が細くなり、入れ歯が合わなくなってしまうこともあります。

少ないインプラントで人工歯を支えるオールオン4(インプラント)
少ないインプラントで人工歯を支えるオールオン4(インプラント)

オールオン4は、全ての歯を失った場合、4~6本のインプラントで全ての人工歯を支える治療法です。
従来は全顎をインプラントで治療する場合、おおよそ8~10本のインプラントを埋入し、全顎のブリッジを装着するという治療法が一般的でした。 それに対して、この4~6本のインプラントで全ての人工の歯を支える治療法では、埋入本数を少なくすることができ、患者さまの身体的・経済的な負担を軽減することが可能となっています。

インプラントで入れ歯を支えるインプラントオーバーデンチャー(インプラント)
インプラントで入れ歯を支えるインプラントオーバーデンチャー(インプラント)

オールオン4よりも経済性を重視する治療法にインプラントオーバーデンチャーという方法があります。
これは、2~4本のインプラントで義歯(入れ歯)を固定する治療法で、通常の義歯(入れ歯)よりも外れたり、ズレたりすることがなく、快適に食事や会話ができる、インプラントを併用した義歯(入れ歯)治療です。

当院のインプラント治療特徴

インプラントは高度な技術と専門知識が大切になる治療です。
クリニックによってインプラントの種類や値段に大きな差がありますが、「安いから」という理由だけで病院選びを行ってしまうことは後々の歯に大きな影響がある場合もあります。
インプラント治療にとって一番大事なことは「インプラントを長持ちさせる」ことです。

  • 特徴1
    アバットメントは全てジルコニア製

    アバットメントは全てジルコニア製

    当院では3種類のインプラントプランを展開していますが、全てのプランでジルコニアアバットメントを使用しています。
    インプラントのアバットメントには一般的にチタン製の物を使用するのが一般的ですが、当院ではいつまでも審美的に美しいインプラントをご提供するため、アバットメントはジルコニア製のものを使用しています。
    ジルコニアとは白い人工ダイヤモンド。強さと美しさを兼ね備えた素材です。 このジルコニアをアバットメントの素材として使用することのメリットは、金属と同様の強度を持っているにもかかわらず、審美性が非常に高いという点にあります。
    ジルコニアアバットメントの審美性の高さは、歯と歯ぐきの境目に現れます。
    アバットメントに金属を使用すると、金属の色素が歯肉に沈着することがありますが、ジルコニアなら色素の沈着は起こりません。
    また、インプラント治療では清掃性の面から意図的にアバットメントを若干露出させたり、時間の経過とともに歯ぐきが衰えアバットメントが露出したりすることがあります。このような場合でも白いジルコニアアバットメントなら歯と歯ぐきの境目が目立ず、美しさを保つことができます。

  • 特徴2
    インプラントの種類

    インプラントの種類にこだわる

    審美性の高いインプラント治療のためには、どのメーカーのどのインプラントを使用するのかという選択がとても大切になってきます。当院では、それぞれのメーカーの特徴に合わせて最善の選択をするために、常時最低10種類程度のインプラントを用意しています。

  • 特徴3
    難症例にも対応

    骨がないなどの難症例にも対応

    顎の骨が少ない場合、インプラントを行うことは非常に難しくなります。
    インプラントはフィクスチャーを骨に埋めて固定します。骨が少ない場合インプラントを固定することができなくなってしまうからです。
    当院では人工骨を顎の骨に埋め込み、骨を増やす骨造成と呼ばれる治療を行っております。これにより、骨が少ない方にもインプラント治療をお受け頂けるようになります。

  • 特徴4
    寝ている間にインプラント手術が終る

    眠っている間にインプラント手術が終わる

    当院のインプラント費用にはフィクスチャー、アバットメント、クラウンの他、点滴麻酔(静脈内鎮静法)の料金が含まれています。
    点滴麻酔(静脈内鎮静法)は腕から点滴によって麻酔を行います。うとうととした眠っているような状態の中で手術を行うので、痛みや不快感、音や匂いなど感じることなく治療が終わります。
    ご希望の方には、完全に意識がない中で行う全身麻酔でのインプラント手術をお受け頂くことも可能です。

  • 特徴5
    歯科技工所を併設する色や形へのこだわり

    歯科技工所を併設する色や形へのこだわり

    当院は患者様の人工歯の色や形にこだわり、ご満足いただけるものをご提供するため、院内に歯科技工所を併設しています。
    歯科技工士が常駐しているのでデザイナーに直接要望を伝えることができるかのように、オーダーメードの人工歯製作が可能です。

  • 特徴6
    インプラント10年保証

    インプラント10年保証

    インプラントの治療後、当院での半年に一度の定期的なメンテナンスをお受け頂ける場合、10年間の保証(3年間は無料保証)をお付けしています。
    メンテナンスをしっかりと行うことが、インプラントを長持ちさせることに繋がります。

当院のインプラントプラン

チタンのインプラント体

経済性を重視したエコノミープラン
エコノミープラン

オールジルコニアクラウンはセラミックに比べて透明感に劣りますが、白味に強い人工歯を再現することができます。強度は非常に高く、歯ぎしりや食いしばりのある方に最適なインプラントになります。

人工歯:オールジルコニアクラウン
アバットメント:ジルコニア製(接続部分のみチタン)
インプラント体:チタン製(マイティス、京セラ、ネオデント等)

審美性・経済性のバランスの取れたスタンダードプラン
スタンダードプラン

オールジルコニアクラウンはセラミックに比べて透明感に劣りますが、白味に強い人工歯を再現することができます。強度は非常に高く、歯ぎしりや食いしばりのある方に最適なインプラントになります。

人工歯:オールジルコニアクラウン
アバットメント:ジルコニア製(接続部分のみチタン)
インプラント体:チタン製(ノーベル(cc)、3i、アストラ カムログ等)

審美性を重視したプレミアムプラン
プレミアムプラン

ジルコニアセラミッククラウンは強度のあるジルコニアの表面部分に、透明感があり、患者様ご自身の歯の色味を再現しやすいセラミックを焼き付けた人工歯です。

人工歯:ジルコニアセラミッククラウン
アバットメント:ジルコニア製(接続部分のみチタン)
インプラント体:チタン製(ノーベル、ストローマン、3i、アストラ、カムログ等)

ジルコニアのインプラント体

完全メタルフリーなオールジルコニアインプラント
オールジルコニアインプラント

金属を一切使用しない、完全メタルフリーで金属アレルギーの心配がありません。審美性・生体親和性が非常によく、体に優しいインプラントです。
ジルコニアセラミッククラウンは強度のあるジルコニアの表面部分に、透明感があり、患者様ご自身の歯の色味を再現しやすいセラミックを焼き付けた人工歯となり、審美的・機能的・生体親和性全ての観点から見て、現時点でもっともすぐれたインプラントとなります。

人工歯:ジルコニアセラミッククラウン
アバットメント:オールジルコニア製
インプラント体:ジルコニア製(Zsystem)

無痛・短期集中治療

当院では点滴麻酔による静脈内鎮静法や全身麻酔による歯科治療を行っております。
歯科が苦手な方や、通院回数を少なくして短期間に治療を終わらせたいと考えている方に最適な麻酔方法になります。

無痛治療について

歯科恐怖症、嘔吐反射がある、音や痛みが怖いなど、歯科医院に通えずに症状が悪化してお困りの場合、当院では点滴麻酔による眠っている間に不快感なく終わる無痛治療をご提案しています。
静脈内鎮静法は点滴麻酔によってウトウトとした状態の中で治療を行っていきます。局部麻酔だけの場合、万が一麻酔の効果が切れてしまうと痛みを感じ、麻酔薬を足す作業が発生しますが、静脈内鎮静法ではそういった痛みを感じることがありません。
また、健忘作用があるので、治療が終わった後も、治療中の不快感を覚えていることがありません。

短期集中治療について

当院では1回の治療時間を長くお取りすることによって、通院回数を少なく、短期間に治療を終えることのできる短期集中治療を行っております。
通常のセラミック治療の場合、治療完了まで約3週間前後必要となりますが、短期集中治療なら最短1日、平均でも1週間前後で治療を終えることができます。
詳しくは短期集中治療の関してのページをご覧ください。

インプラント治療流れ

  • 初診ご予約

    ●初診ご予約

    予約

    当院は完全予約制になっております。
    お電話、またはWEB予約フォーム、24時間WEB予約のどれかから、お好きな方法でご予約ください。

  • 初診時

    ●ご来院

    問診票等のご記入をお願いしております。
    ご予約時間の15分程度前にご来院頂けるとスムーズにご案内できます。

    ●診査・診断

    お口の中の状態を把握するため、レントゲンやCTを撮影させていただきます。
    どこの治療をどのように始めていくかといった治療計画を立てるために、お口の中を拝見させていただき、少し触らせて頂くこともございます。
    削ったりといったことは行いませんのでご安心ください。

    ●カウンセリング

    カウンセリング

    ドクターによるカウンセリングを行います。患者さまのお悩み、ご不安、ご希望などをしっかりとお聞きすることから始まります。
    患者さまの症状に応じて、どのような治療法が選択肢としてあり得るのか、それぞれの治療法はどういったものになるのかを、資料や模型を使ってわかりやすくご説明します。(インプラント体や人工の歯の実物もご覧いただけます。)
    他院で抜歯を宣告され、当院へインプラント相談にいらっしゃる方の中には、適切な歯周病治療や根管治療を行うことで、抜歯せずに歯を残せる方もいらっしゃいます。
    また、欠損部位・症状によっては、機能性・審美性に優れた義歯(入れ歯)が適用する場合もあります。
    医学的に理想的な治療と、「貴方にとって」理想的な治療とが異なる可能性は十分にあり得ます。 当院では、「貴方にとっての」理想的な治療をご選択いただくために、インフォームドコンセント・インフォームドチョイス・インフォームドディシジョンを基本としています。

    ●お見積りのお渡し

    診査・診断などが終わった段階で、患者様の歯の状態からどのように治療を進めていくのかといった治療計画とお見積りをお出しいたします。
    お見積りはお持ち帰りいただき、しっかりとご検討していただけます。
    初診の治療をご希望の場合はそのまま治療を行っていきます。

  • 治療開始:1回目

    ●基本・精密検査

    模型製作、口腔内検査(虫歯・歯周病・咬み合わせ)、必要に応じて血液検査などを行います。また、治療後の歯列を模型上で確認するために診断用WAXUPを作成します。
    診断用WAXUPは、立体的な設計図の役割を果たします。2回目以降の治療に入る前に、CT撮影による3次元立体画像をコンピューターで解析し、骨量(幅、高さ)、骨形態、骨の固さ、神経・血管・サイナス(上顎洞)の位置を確認したうえで、埋入するインプラントの位置・深さ・角度などをシミュレーションします。

  • 通院2回目

    ●プロビジョナルレストレーションの作成

    診断用WAXUPをもとに仮歯(プロビジョナルレストレーション)を作製し、装着します。
    プロビジョナルレストレーションは、単なる一時的な補完物ではなく、審美面・機能面での調整を目的とした仮歯です。インプラント治療の前に、虫歯・歯周病・咬み合わせの治療を行います。
    特に歯周病で歯を失った方には、歯周病治療をお受けいただきます。歯周病を改善しないと、インプラントもご自分の歯と同じように歯周病が原因で抜けてしまう危険性が高まります。

  • 通院3回目

    ●1次手術(インプラント埋入)

    抜歯が必要な場合は抜歯を行います。抜歯と同時にインプラントを埋入する場合もあります。
    埋入手術ではフィクスチャーを骨に埋入し、歯肉を閉じます。
    インプラントは点滴麻酔(静脈内鎮静法)の麻酔下で行われるので、痛みや不快感を感じることがありません。

  • 通院4回目

    ●2次手術(アバットメント埋入)

    インプラントが骨に結合するまでに約6~24週間ほどの時間を要します。治癒期間中は仮歯を使用していただきます。
    インプラントが結合した後、埋入したインプラントの最上部を露出し、人工の歯を接続するアバットメント(土台)を装着します。
    2次手術は1次手術と同時に行う場合もあります。

  • 通院5回目

    ●人工歯の型取り

    人工歯を製作するため、インプラント部位の精密な型取りを行います。当院では正確で精密な型取りを行うため、シリコン印象を行っています。人工歯は約2週間程度で完成します。
    当院では審美的に優れた人工歯を製作するため、クリニック内に技工所を構え、技工士を常駐させています。これにより技工士と歯科医師がより綿密に打ち合わせできるようになり、審美的に優れた人工歯の製作が実現可能となります。

  • 治療終了:通院6回目

    人工歯の装着を行い、治療終了となります。
    治療終了後は、定期的にドクターによる検査と歯科衛生士によるクリーニングを行います。歯の咬み合わせというものは時間とともに変化し、調整を行わないとインプラントや天然歯を駄目にしてしまう可能性があります。また、歯周病になるとインプラントもご自分の歯と同様に抜けてしまう可能性があります。
    治療したインプラントを永く使用していただくために、半年に1度のメンテナンスは必ずお受けください。

予後が重要インプラント治療

インプラントが抜け落ちてしまう危険性

インプラントは感染に弱く、インプラント周囲炎などになった場合、抜け落ちてしまうことがあるため、定期的なメンテナンスが必要となります。
当院では6ヵ月に1度の定期健診をお勧めしています。 毎日の歯磨きで落としきれない汚れを、歯科衛生士によるクリーニングで丁寧に落とし、歯石、歯垢が着かない状態を維持しましょう。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎はインプラント周囲の組織が歯周病菌に感染した状態のことを言います。
インプラント周囲炎は自覚症状に乏しく、気付いたときには重症化してしまうことが多々あります。インプラント周囲炎が進行すると、インプラントを埋入している顎の骨を溶かしてしまい、最終的にはインプラントが抜け落ちてしまうようになります。
せっかく高価なインプラントを埋入したとしても抜け落ちてしまったのでは意味がありません。そうならないためにも、インプラントには日々のメンテナンスと定期的な歯科医院でのメンテナンスが大切になってきます。
当院ではインプラント検査の時点でお口の中の状態を把握し、歯周病がある場合にはそちらの治療を優先させて頂いております。また、治療後は10年保証をお付けする代わりにクリニックでの定期的なメンテナンスをお受け頂くようお願いしております。しっかりとメンテナンスを行うことが、インプラントを長持ちさせることに繋がります。

インプラントに関するご質問

インプラントに寿命はありますか?

インプラントの10年の生存率は90%とも言われています。
もちろん一生使用できる方もいらっしゃいますし、数年で抜け落ちてしまう方もいらっしゃいます。
インプラントにとって重要なのは予後をどうメンテナンスしていくかということです。毎日の歯ブラシに加え、定期的に歯科医院で歯石除去をと中心としたインプラントのメンテナンスを行うことで、インプラント周囲炎を予防し、骨吸収を抑制しながらインプラントの寿命を延ばすことができます。

ブリッジや部分入れ歯との違いは何ですか?

他の歯に負担をかけることなく使用できるという点と、平均的な寿命に違いがあります。
ブリッジや部分入れ歯は、欠損部分に入れる人工歯を両隣の歯で支える必要があります。そのため健康な両隣の歯を削る必要が出てきます。
一方、インプラントは欠損部分の骨に直接埋め込むので、両隣の歯に負担をかけることがありません。しかもブリッジや入れ歯に比べて安定性が良く、ご自身の歯の様にしっかり噛むことができます。
次に技工物の寿命ですが、入れ歯は5年、ブリッジは8年程度が寿命だと言われています。もちろんこれらに関してもメンテナンス次第にはなりますが、平均的にインプラントの寿命の方が長いとは言われています。

インプラント手術は痛いですか?

点滴麻酔(静脈内鎮静法)を行うので、手術中のお痛みや不快感を感じることはありません。
術後に関しては腫れや痛みを生じまずが、痛み止めをお出ししています。

インプラントは高齢者でも行えますか?

問題なく行えます。
入れ歯自体を止めて、4本のインプラントで全体の人工歯を支えるオールオン4や、入れ歯自体をインプラントで支えるインプラントオーバーデンチャーなどがあります。
どちらも全ての歯をインプラントにするよりもリーズナブルに治療を行うことができます。

入れ歯をインプラントに変えることはできますか?

できます。完全にインプラントに変えることもできますが、入れ歯をインプラントで固定することも可能です。

インプラント後、不具合などはありませんか?

可能性として低いですが腫れることがあります。

インプラント料金

インプラント

基本検査
 料金(税別)
¥30,000
プラン別インプラント
 料金(税別)/1歯
オールジルコニア¥420,000
プレミアム¥350,000
スタンダード¥290,000
エコノミー¥230,000
  • 上記の料金にはフィクスチャー、アバット、クラウン、点滴麻酔(静脈内鎮静法)、仮歯、手術の費用が含まれています。

注意点(リスク・副作用)

  • 手術が必要となるので、術後に痛みや腫れ、出血を生じることがあります。
  • 治療後は定期的なメンテナンスが必要になります
  • 自由診療(保険適用外)となります。