オーラルプロポーションクリニック 歯科・矯正歯科・口腔外科

インプラントオーバーデンチャー

Over Denture

総入れ歯を
インプラント
で固定する

入れ歯が外れやすい、違和感がある、強く物を噛むことができないなど、入れ歯に関するお悩みをお持ちの方は多くいらっしゃいます。。
インプラントオーバーデンチャー(インプラント入れ歯)は、総入れ歯をインプラントで固定して使用する治療法です。
似たような治療法にオールオン4というものがありますが、これはブリッジタイプの繋がった人工歯をインプラントで固定する治療法になり、入れ歯を固定するのはこちらのオーバーデンチャーという治療になります。

オーバーデンチャーは通常、2~4本程度のインプラントを顎の骨に埋入し、そのインプラントに入れ歯を固定して使用します。歯科医師の判断にもよりますが、現在お使いの入れ歯を継続してお使いいただくことができる場合もあります。
固定の仕方によって、ボールタイプ、バータイプ、マグネットタイプ、ミニインプラントなどがあります。

インプラントオーバーデンチャーとは

インプラントオーバーデンチャーのメカニズム

インプラントオーバーデンチャーのメカニズム

インプラントオーバーデンチャーは歯が殆どない、総入れ歯を使用している方、若しくは使用する予定の方の入れ歯を、インプラントでしっかりと固定することによってご自身の歯の様に噛むことができるようにする治療法です。
片顎に2~4本埋入したインプラントを支柱とし、入れ歯を被せるように固定していきます。
インプラントが入れ歯をしっかりと固定してくれるので、ずれたり外れたりといったことが起こりにくいのが特徴です
入れ歯が痛い、合わない、がたつく、硬い物が食べにくいなど、入れ歯の安定性が悪いことに対してお悩みの方におすすめの治療法です。
また、インプラントで固定しているだけなので入れ歯部分は簡単に取り外すことができ、ご自身で衛生管理を行うことができます。

オーバーデンチャーの固定方法

ボールタイプ
ボールタイプ

ボールタイプは、インプラントのヘッド部分が丸いボール状のボタンになっています。入れ歯の裏側に金具を付け、ホックで留めるように入れ歯とインプラントを連結させて固定します。

バータイプ
バータイプ

バータイプは、インプラントのヘッド部分を金属のバーで連結し、入れ歯側にバーを挟み込むクリップを装着することで入れ歯を固定します。

マグネットタイプ
マグネットタイプ

磁石の力によって入れ歯をインプラントを固定します。

ミニインプラント
ミニインプラント

ミニインプラントは、4本の小さなインプラントで下アゴの総入れ歯を支えます。※ミニインプラントは下顎のみの適応となります。

インプラントオーバーデンチャーのメリット

  • ズレない、外れないから、痛みなく噛める

    アタッチメント(固定装置)に入れ歯をガッチリと固定するため、ズレたり、外れたりすることがなく、快適に使用できます。
    歯ぐきと入れ歯の間に食べ物が挟まることもないので、痛いこともなく、ご自分の歯のように強く噛むことが可能です。

  • 従来のインプラントより低価格

    片顎あたり2~4本のインプラントを埋め込み、入れ歯を固定して支えるため、インプラントを何本も埋入するよりリーズナブルな費用負担で治療を行うことができます。

  • メンテナンスも楽々、簡単に

    インプラントオーバーデンチャーは、入れ歯部分を簡単に取り外しができるため、外してご自身でお掃除することができ、 衛生管理がしやすいという特徴があります。日々の衛生管理はしやすいですが、定期的なメンテナンス(6カ月~1年に1度)は必要です。

インプラントオーバーデンチャーオススメする方

入れ歯に困っていてもインプラントが怖い方

入れ歯に対してのお悩みはありながらも、インプラントと聞くと大掛かりな手術を想像し怖くなってしまう方は少なくありません。確かに全ての歯をインプラントに取り換えるとなると大掛かりな手術が必要になってきますが、インプラントオーバーデンチャーなら2~4本と、インプラントを埋入する本数を少なくすることができます。
少ない本数ながらもしっかりと入れ歯を支えることができるので、入れ歯のぐらつきや外れやすさ、噛みにくさ等を解消することができます。

高齢者の方

インプラントの埋入本数が少なくて済むので、ご高齢で手術に耐えうる体力があるかと心配される方にもおすすめの治療法です。
また、年齢を経てご自身で歯磨きなどをしっかりできなくなってしまった場合、埋め込み式のインプラントでは清掃性を保つことが難しくなる場合もあります。 オーバーデンチャーなら入れ歯部分を簡単に取り外すことができるので、介助者の方が簡単に清掃することが可能になります。

費用を抑えたい方

歯科医師の判断によりますが、現在ご使用中の入れ歯をそのままオーバーデンチャー用の取り外し式入れ歯に作り変えることができる場合もあります。その場合は新たに入れ歯を作成する必要がないので費用を抑えることができます。
※必ず再利用できるとは限りません。

インプラントオーバーデンチャーに関するご質問

入れ歯と何が違いますか?

インプラントによって入れ歯をしっかりと固定することができるので、沈み込みがほとんどなく安定しています。
そのため入れ歯よりもしっかり噛むことができます。

お手入れ方法はどうなりますか?

入れ歯部分は通常の入れ歯のお手入れと同じです。インプラント部分や歯肉に関しては歯磨きを行ってください。
また、定期的に歯科医院でのメンテナンスをお受けください。

インプラントオーバーデンチャーは高齢者でも行えますか?

行えます。
全ての歯を失っている場合、通常のインプラント時よりも埋入本数が少なくて済むので、お身体へのご負担は少なくなります。

高齢者でも手術に耐えられますか?

大丈夫です。

入れ歯をそのまま使用できますか?

ごくまれに使える場合もありますが、歯科医師の判断によります。
古い入れ歯の場合は作り直すことをお勧めします。

インプラントオーバーデンチャー料金

インプラントオーバーデンチャー

基本検査
 料金(税別)
¥30,000
インプラント体
 料金(税別)
2本¥500,000
4本¥1,000,000
アタッチメント
 料金(税別)
ロケーターアタッチメント¥100,000
マグネットアタッチメント¥100,000
ポールアタッチメント¥100,000
バーアタッチメント¥100,000
 
  • インプラントオーバーデンチャーははインプラント体とアタッチメントの合計金額になります。
  • インプラント体追加1本毎に¥250,000(税別)が必要となります。
  • 現在の義歯をそのままご使用いただけない場合は義歯代として¥400,000(税別)が必要となります。
  • 上記の料金には点滴麻酔(静脈内鎮静法)、インプラント体、アタッチメント、手術の料金が含まれています。

注意点(リスク・副作用)

  • 手術が必要となるので、術後に痛みや腫れ、出血を生じることがあります。
  • 噛む力が強くなるため、入れ歯部分が割れることがあります。
  • 自由診療(保険適用外)となります。