オーラルプロポーションクリニック 歯科・矯正歯科・口腔外科

点滴麻酔(静脈内鎮静法)

Sedation

眠っている間に
治療が終わる
点滴麻酔
静脈内鎮静法

腕から麻酔薬を投与する静脈内鎮静法では、治療に入る前にウトウトと眠ったような状態になるので、治療への恐怖心を感じることなく、リラックスして治療をお受け頂くことができます。
担当医が患者様の呼吸や脈拍をしっかり把握して治療を進めていくので、途中で目が覚めてしまい、痛い思いや怖い思いをするようなこともありません。
歯科治療がどうしても怖い、痛いのが苦手、嘔吐反射があるなど、歯科に苦手意識のある方に最適な治療法です。

静脈内鎮静法とは

ウトウトした状態になる麻酔方法

静脈内鎮静法とは、点滴により麻酔薬を腕の静脈に投与し麻酔を行う方法です。
静脈内鎮静法を行っている状態では、うっすらと意識はありますが、ほとんど眠っているような状態になります。
治療に伴う不快な痛みや振動・音などがほぼ気にならず、快適に歯科治療を受けることができます。
※静脈内鎮静法は全身麻酔と異なって意識が完全になくなることはありませんので、通常の歯科麻酔(注射による局所麻酔)を併用して行います。

静脈内鎮静法を使用する場合、術中は全身管理を行う必要があります。
麻酔医が患者さまの心拍や血圧などのデータをリアルタイムで把握しながら治療を進めます。使用する薬剤は身体に対し有害な作用はなく、極めて安全なものです。
全身麻酔は完全に意識がなくなりますが、静脈内鎮静法は問い掛けには反応でき、体の防御反射も保たれているので、安全性は高いという特徴があります。
健忘作用があるので、目覚めたときには治療中の記憶は全て忘れてしまっています。

静脈内鎮静法が用いられる治療

当院で行っている全ての治療で静脈内鎮静法をご選択いただくことが可能です。
特に多いのは、親知らずの複数同時抜歯複数本の虫歯治療を行う場合です。
歯がボロボロで全顎的に治療を行わなければならない場合は静脈内鎮静法で行う方が身体的・精神的な負担が少なくて済みます。
親知らずはまっすぐに生えていなかったり埋入している場合、大学病院で抜歯を行う必要がありますが、当院では経験豊富な外科出身の歯科医師が複数本同時抜歯にも対応しています。 また、歯科治療が苦手な方の中には定期的な歯石除去を怠り、虫歯になってしまっている方も多くいらっしゃいます。
当院では着色除去をメインにしたクリーニングや、虫歯予防・歯周病治療の一環である歯石除去も静脈内鎮静法での麻酔下で行うことが可能です。

静脈内鎮静法による短期集中治療

複数個所治療を行う歯がある場合や、通院回数を少なくしたい場合、当院では静脈内鎮静法で最大4時間まで時間を確保し、治療を一気に進めていきます。
通常の局所麻酔では、口を開け続ける患者様のご負担を考えると2時間程度が限界ですが、静脈内鎮静法ならお口を開けている疲れを感じることなく治療をお受け頂けます。
また、一気に治療を進めることができるので、海外赴任や一時帰国など、治療日程に限りがある方にも最適な治療です。

静脈内鎮静法がオススメな方

歯科恐怖症・嘔吐反射のある方

歯科治療が本当に嫌いな方や、歯科治療中に具合の悪くなる方、痛みに弱い方、音や匂いに敏感な方にはりラックして治療をお受け頂けるよう、点滴麻酔をお勧めしています。 また、口腔内に器具が入るだけで「うぇっ」とえずいてしまう嘔吐反射のある方にもお勧めです。

外科手術を受けられる方、短期間で治療を終わらせたい方

インプラント手術、親知らずの抜歯、歯周病の歯肉剥離術など、大掛かりな手術に関しては、治療中に局所麻酔が切れてしまったり、匂いや音が大きくなってしまう場合がありますので眠っている間に治療が終わるよう点滴麻酔をお勧めしています。 また、1回の治療時間を長くとり、通院回数を減らすような短期集中治療では治療が長時間になり、お口を開け続けていることが患者様の負担になってしまいますので、こういった場合も点滴麻酔がオススメです。

静脈内鎮静法料金

静脈内鎮静法(通常)
 料金(税別)
初回30分¥20,000
追加30分毎+¥10,000
静脈内鎮静法(初回限定)
 料金(税別)
1時間以内¥10,000
2時間以内¥20,000
  • 上記の料金は静脈内鎮静法の麻酔代のみになります。別途各種治療費が発生します。
  • 静脈内鎮静法の料金は時間によって決まります。治療内容によって変わります。
  • 初回限定料金は、当院で初めて静脈内鎮静法を行う方が対象となります。
  • 2時間以上の治療の場合は、初回限定料金は適応されず、通常料金となります。

注意点(リスク・副作用)

  • 薬に含まれている成分にアレルギーがある方には使用できない可能性があります。
  • 心臓・肝臓などに異常がある方には使用できない可能性があります。
  • 妊娠時、授乳時、小児には使用することができません。
  • 当日は麻酔前の飲食はお控えください。
  • 麻酔終了直後は頭がはっきりしないことがあるので、院内で十分休んでいただくか、ご家族もしくはお知り合いの方にお迎えにきてもらってください。
  • 麻酔終了後の痛みは、飲み薬にて対処いたします。
  • 保険適用外(自費診療)となります